1998/11/16

辻恵子・初個展






  


1998年11日16日(月)-11月21日(土)に東京・御茶ノ水の画廊文化学院で 
辻恵子の初個展「ちいさなかけら - TINY PIECES」を開催しました。    

この初個展は、ドミノが倒れるように始まった。文化学院の文学科を卒業後、 
美術学校を夏?に卒業した年、文化祭で再訪した母校。在学中に通った画廊を 
いつか使ってみたいなあ、と、事務のNさんにポロリと言ったら即座に担当者に 
通され、会期まで決まってしまった。その後、じつはこの画廊は、教室にされる
計画があり、その工事が早まったので、展覧会をするなら11月(1ヶ月後)迄、
と電話があった。作品は山ほど作ってあったけれど、右も左も分からないまま、
に案内状をデザインしてもらったり色々な人に協力して頂いて実現した会。 
初日に頂いた花が、画廊のドアを開けるとむせ返るように甘い香りを放ってた。
シャッターを開けたら、見てもいい?と、すっと入ってきたのが、近くの学校で
教鞭をとっていた奥山玲子さん(故人)だった。ずっと応援してくださった。

会期中は柄にもなく「この画廊を教室にしないで」という署名運動もした。 
芳名帳の横に、帳面を置いて。一週間でたくさんの人に会って、気が張って 
いたのが解けたのは、搬出後に乗ったタクシーの中。母の肩に頭をあずけて、

《あーーー。こんな、しんどいこと、にどと、しばらく、したくない!》 

と思ったっけ。オレンジ・ジュースを搾ったあとの搾りかすの絵が、具体的に
頭に浮かんだ。 搾ったあとは、再び実るまで 待たねば ならないのよ と
思いつつ。来場くださった方たちが、私に言った「初個展おめでとう!」に 
続く「次の個展も楽しみにしているわ!」という言葉は、「出し切った」後の
私に、残酷に響いた。しかし、それは嬉しい事でもあった。私の絵を見たい
いってくれている人がいるのだから。作り続けねば、と思った。      


                             2013/7/27 記




2013/12/6 記:15年前に画廊文化学院で開催した初個展の案内状の色校正紙が 
出てきました。切り文字が少し拙い。デザインは「こんなかんじに」に   
伝えてお願いしました。官製はがきより横幅が狭いサイズです。        




1998/11/01

リンクについて



辻恵子のウェブサイトとブログへの
リンクはご自由にどうぞ。


、.
 
もし必要でしたら、上の画像を
ダウンロードしてバナーとして
お使い下さい。


*その他の画像や内容の無断転用・転載は
 固くお断り致します。まずはお問合わせ
 ください。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...