2014/10/14

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:ユトレヒトのブルーナ・ハウスへ







「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:つづき)ユトレヒトに来た目的地はここ。

どーん。やってきました。Dick Bruna Huis。まっ金々の、ふくふくした
ミッフィー像が出迎えてくれます。神々しい!ご利益ありそうな風格。笑。





こんなニッコニコの顔して、金色のミッフィーを撮ってたようです、私。笑。

ハーティさん・撮影)



2015年11月追記:


日本で、この旅の時に、たまたま日本からの旅程が重なった友人夫妻。
結婚パーティーという段になって、文具店でご祝儀袋を探していたら…
               ↓


ブルーナ・ハウスで見た、黄金に輝くミッフィー/ナインチェ・プラウスを
見つけて、本当は会員制なので袋不要なんだけれど、思わず買ってしまい 
ました。水引とミッフィー。和洋折衷。たしか、彼らもユトレヒトに行く、
だか、行ったと話していたような。旅行中、アムステルダムでお会いできた
だけで、ユトレヒトの黄金のミッフィーがある美術館には別の日に行ったの
ですが、共通のオランダの思い出の中に、黄金のミッフィーがある我ら。 
喜んでもらえるといいなあ、と選んだ袋でした。            







すっとばしてしまいましたが、入り口を入る前には、こんなスペースも。
吹き抜けにブルーナが使う色が、あしらわれています。抽象画のよう。 



ほえー、と見上げる姿も、同じくハーティさん撮影。ハーティさんは、 
絵本作家。旅日記で何度かご説明しているので、もう知ってるよ、の人も
いらっしゃるかもしれませんが、私が欧州に来た理由「PAPIER-紙」展の
出品作家のマールチェさんのお姉さまで、オランダの絵描き友達で、  
さいしょに交流した人、そしてこの旅でやっと会えた人です。     







お互い撮り合いっこしてたのね、こちらがハーティさん。
目の模様のシャツを着こなしてます。         




こんなに沢山の本が、いろんな国で出版されているんだなあ。すごい!



これ、切り絵の話?読みたい!日本でも出てるかな?







館内には、ミッフィーの家もあります。





 こういうサイズ感なのね。ミッフィーの世界は。




ミッフィーのお洋服も置いてありました。かわいい。







子どもたちが描いた絵も。日本語で「ミッフィーちゃんいつまでもおげんきで」
みたいなことをかいてある絵もあったし、掲示物はオランダ語・英語・日本語が
用意されていて、きっと(私と同じく)オランダにくるならブルーナを!という
方が多いのかもしれないなあ。売店でも、日本人らしき方をお見かけしました。






絵本作家として知っていたけれど、ハーティさんいわく彼はブック
デザイナーだったのよ、と。装幀家というか。どれも洒落てる。 
鉛筆かクレパスのようなもので描かれたスケッチもすてきでした。




記念写真コーナーにて。ミッフィーがいちばん。



近くにいらした若いお母さんにお願いして、ハーティとも撮ってもらいました。
もしかして、私が一番のところに乗ったらハーティとの身長差が狭まるのでは?
オランダは、背の高い方が多い国。日本でも小さめの私はきっと「うわ、   
ちっさ!」と思われているのかもしれないなあ。              
        






 ともあれ、ミッフィー、いや、ナインチェ・プラウス(オランダ語)、
来られてよかった。ふくふく。ぴかぴか。 旅日記、つづきます)






この展覧会のための欧州への旅でした:            


PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                       
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France    





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...