2014/10/14

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:ユトレヒトの店先にハーティの本







ジャケット)さんといっしょに、オランダ・ユトレヒトの町を歩いていたら、書店・
Kinderboekwinkel Kakelbontのショーウィンドウに、彼女の絵本を発見しました。


偶然みつけたので、なんだか興奮する。しかも彼女の拠点の
アムステルダムでなくユトレヒトで。



Hiep hiep Haas! / druk 1

欧州旅日記最初の方、原画展を見に行った時
私も手に入れた絵本です。偶然、オランダに 
着いた次の日が原画展初日だったっけ。   






お店の中に入ってみると、絵本だけではなくヌイグルミやパペットもたくさん。





かわいいなあ。これは絵本のキャラクターで、Dikkie Dikという名前のようでした。




Dikkie Dik viert Sinterklaas mini-editie / druk 1Dikkie Dik jarig ! / druk 1

左のは、シンタクラース関連の絵本だ!気になる…(探してみただけで読んでいません)







んーーー。思わず真剣に選んでしまいました。どっちの顔がいいかしら?なんて 
見比べていたら、店主?の男性がパペットを手に、そのパペットが喋っている  
ような可愛い口調でハロー、なんていって話しかけてきたので、つい私「あそこに
ハーティさんの絵本があって驚いたわ、というか彼女があの本の作者なの。あなた
サインをもらうべきだよ」なんて口走る。本人はきっと、名乗り出ない方だから。







まんまと(??)サインをさせられ(?)るハーティさんです。
彼女が書いているあいだに、私は引き続きパペットを選ぶ。笑。




ちなみに、原画展を見に行った時に私が
もらったサインはこちら。左のふたつは
スタンプ、右は直筆です。 :)     






あっ、この本は日本でも出版されてるなあ。どこかで
見た覚えがある。Marit Törnqvistさんという方の本。


だいすき―そんなきもちをつたえてくれることば

っていうか、木坂涼さんも翻訳にかかわっているのか!吃驚。

木坂涼さんは、私が初めて絵本のお仕事をした「かげはどこ
の作者(文章を書かれた方)です。もう一人の翻訳者、野坂 
悦子さんは、この旅でも再会したヒッテ・スペーさんの絵本を
含む、多くのオランダ文学を翻訳なさっている方です。わー。






なんと店の奥で、その原画を見ることが出来ました。






いやあ、まさか原画が見られるとは。思ったよりも小さい印象。お店の人に
私がオランダ来る前に知ってる(観光名所的な)場所はブルーナハウスだけ
だったんだ、なんてお恥ずかしい話をする。「私も絵本出してるんです!」
とかは言わなかった、気がする。単なる絵本好きの東洋人観光客で、よい。





ハーティさんがサインを書いているあいだに悩みぬいて、ウサギのパペットは
やめて、これを選びました。自分用のオランダみやげ。英国のものだったけど
よいのです。日本に戻ってから、名前を付けました。マリアです。マリア・ 
カラス。ええ、だじゃれです。旅日記、つづきます)          
↓                                

  



この展覧会のための欧州への旅でした:            


PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                       
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France    




0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...