2014/10/16

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:AMS→ NRT(帰国!)






「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:つづき)オランダのスキポール空港から
日本の成田空港に向けて出発。太陽は東から西に回っていて、私達は
逆に西から東へ。トルコあたりから夜になるのね。移動時間もかかる
わけで、そのうちに地球は回転して、えーと、えーと。 ☼ ・・✈ ☼



オランダらしい町並み、のような気がして撮った一枚。かわいらしい。
ちなみに、香港に着くときは何か、電子基板みたい!と思ったなあ。 
秋田に着くときは丸っこい山がかわいい!とか、空から見る景色好き。



滞在中にお会いした方が、飛行機で映画を何本も観る、といっていたのを思い出し
「マレフィセント」を観ました。空飛ぶアンジェリーナ・ジョリーがクールでした。
あとはずっと、ハワード・グドールさんという方の音楽論を聞いていました。  
クラシック音楽について語りまくるのですが、実例の音楽再生が一切なく(笑) 
まるで授業を聞いているよう。英語の勉強になりそうな良い語り口でよかった。 




初めて利用したKLM(オランダ航空)の機内食はどれも美味しかった。
10時間フライトだと、途中にスナック、アイスクリームが出たりして 
体内時間、今何時?(外は暗いけど…)(アイス…)(お三時…)。  
牛、羊、バターやチーズ、乳製品が豊富な欧州なので、食生活かわって
太っていそうだな、私。バター不足が騒がれる日本からみたら驚く  
量がどん、とバターたっぷり使ったクロワッサンの脇にあったりした。






一眠りして、ちょっと窓の外/下を見てみる。どこだったか忘れたけれど
「人が住んでるとこの上を通ってるんだ〜」と嬉しく眺める光。     





旅の間、よく聴いていたくるりの新譜の中に、There is (always light)という曲が 
ありました。雲の裏には、いつも光があるのだ、というような歌詞のとおり、正に。
曇り空の上は快晴。韓国上空あたり?から窓の外は明るくなってきて…      




ビカー!体内時間午前1時に見る朝日が、眩しい!
(ちなみに、帰ってからの時差ボケは長引きました)





ともあれ。青森くらいまで北上してクイッと左折した行きに比べ、帰りは
もっと南から来て、クイッと急旋回して成田へ降りるコースでした。  
離陸・着陸時にカメラを使ってもOKのようだったので動画を。    
                  ↓





風圧に抗う翼。変身ロボットみたいに変形していく翼。かっこいいです。





ぶじ着陸!ただいま!



お世話になりました、青い飛行機。ダンキュウェル!(ありがとう)


*



 今回の旅で日本土産にした豪徳寺の招き猫に「おかえりなさい」されました。 
ただいま!ちなみに、自分の家にもあるので皆にあげたのでした。「海を越え、
お揃いの猫を持つ我々」…とドラマチックに言うと、里見八犬伝みたい。笑。 






蛍光灯・LED?「白い光」の国に帰ってきたんだなあ、と思う。こうこうと  
明るすぎる白い光はあまり好きじゃない。欧州では光も強すぎず、白々として 
いない暖かい色(黄色やオレンジ)が多かったので少し現実に引き戻された感。
かわいいゴールデン・レトリバーの麻薬捜査犬が、スーツケースを待つ我々の 
周りをうろつく。あ、(薬物合法の)オランダから帰ってきたからか!と合点。
持って帰ってきてませんよ、あっちでも吸ってませんよ。だいじょーぶ。   






荷物を引き取って、税関を通って、電車に乗って都心まで、と
あれこれしていたら昼時の少し前。出汁を欲して、きつね  
うどんを食べました。うまみ、染みるわ〜。        

旅日記、つづきます?)                



この展覧会のための欧州への旅でした:            


PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                       
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France    





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...