2014/11/08

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:Le Poulailler(鶏舎)での作品搬入




(実際には10/10の出来事ですが、旅日記の上に来るように日付を11月にしておきます)





「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:つづき)展覧会「PAPIER - 紙」のための旅、
なのに初めての欧州ということもあり、全然関係ないあれこれで更新に長々と
かかりましたが、さあ、いよいよ作品搬入。猫と遊んでいた中庭の奥が会場。




PAPIER - 紙」の会場は、Le Poulailler(ル・プーライエ)という名前の画廊 
なのですが、これは鶏舎という意味で実際にニワトリゴヤだった建物。展覧会に
お声がけ頂いたとき、ぱっと思い出したのはロバの本屋)のこと。元牛舎を
店舗・兼・展示スペースにしている所で山奥にもかかわらず、着実にファンを 
増やしている、すてきな場所。その直感は当たっていた。"まさに、フランスの
ロバの本屋やぁ〜。" と、ヒコマロ風に言いたくなる。山の中で隣の家まで  
しばらく歩くから、元牛舎のほうがウワテな感じがするけど鶏舎のほうだって、
朝に本気でコケコッコーとか、モー(牛の声)とか聞こえるからトントンだ。 
パトリックさんのお宅は、1808に建てられたとても広いお家で、今は改装して 
画廊になっている所以外にも「ここは牛舎だった部屋だよ、この小さな部屋は 
チーズを作る部屋だったところ」とか、逸話がおもしろかった。…閑話休題。 







何も並べられていなかったスペースに、作品を仮置きしていく。 
奥にいるのはオランダのアーティスト、ユーディットさん。今回は
映像作品でマールチェさんと共作をしています。作品を頂いたの、
のちほど紹介できればと思います。★追記:こちら。      





参加作家たち:左はフランス人のシャーロットさん。会場があるワヌアン近くの街
リールを拠点に活動している方。真ん中はオランダ人のマールチェさん。写真展を
この会場で開催したこともあるのだけれど、今回は展覧会のテーマである「紙」を
使ったコラージュ作品を中心に、先述のユーディットさんとの共作の映像作品も。
(そして右が私です、切り絵作品を出品)。                 





さー、トンテンカン、始めますかぁ!…と、腕まくりするも、背の低い私と、
背の高い皆さんとでは視点の高さが違い、「それじゃひくすぎるかも…」と。




いろいろアドバイス頂きながら、結局、パトリックさんの手を借りて。実は
インターネットでやりとりするばかりで、顔すらしらなかったのですが、 
実際にお会いしてみて、ほっとしたというか温和で、本当にいい方でした。
展覧会に参加してください、なんて具体的な話をする、ずーっと前(もしか
したら2006年くらい)に、個展の案内状で手紙を書いたことがあったのだ 
けれど、それを大事に額に入れ、キッチンのよく見えるところに飾って  
くれてあったりして。何だかもう。                  





ありがたいなあ、ほんとになあ。いきててよかった。きてよかった。
なんて思いつつ、釘を渡したり、トンカチ渡したり、サポートに  
徹する私でした。                       






この作品「つ」は、2012年、cafe+gallery 芝生での合同展「2013カレンダーと 
季節のごあいさつ」展のとき、「あ」「い」「さ」「つ」、を切って製作した  
作品です。初日に、どれかがお嫁にいってしまったので「あいさつ」という   
ひとつの言葉としては、散り散りになってしまったけれど。          





これは、2012年の私と、東京で展示したときの/作りたてホヤホヤの同作品です。







作品をお送りして、額装もしていただいたのでした。
何からなにまでありがとう、メルシー、パトリック。




…っていうか、ハンマーって、立つのか! w




他の作家たちも着々と搬入作業。シャーロットさんは立体の
作品を出品。インスタレーション作品というか。     







マールチェは、コラージュ作品とユーディットとの映像作品を出品。普段は
朗らかな彼女だけれど搬入時のこわいほどに張り詰めたような集中度合い
みて、アーティストの世界共通の何かを感じる。真剣勝負だものね。共感。





"んー、いいねー。" と眺めるワタクシ。

Photo by マダム



 *




搬入作業が大体おわって、ホッとしてる頃にまた庭に猫のゼゼットがやってくる。
ユーディットに、すりすり。赤毛のユーディットと、桜色の入ったような不思議な
グレーの毛の猫が緑色の芝生の上でたわむれている、のを見てる黒髪のワタクシ。



さっきの記事で更新しちゃった
この写真も実は夕方に撮った 
ものでした。ビジンさん。  





 \ああ、世界のドコにいても、日は暮れるんだなあ…。/と、空を見上げる私。



         \Tu connais pas? /(そんなこともしらないの?)という目で、猫。  


さあ、夕ごはん食べに出かけよう!
旅日記、つづきます)



やっと搬入についての更新ができました!                    

この展覧会のための欧州への旅でした:                     


「PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                      
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France    





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...