2014/11/08

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:本も旅する(ゆっくりと)






(10/11の記事ですが展覧会関連のため、旅日記の上の方にでるようにしてあります)



「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:つづき)フランス・ワヌアンにある画廊
Le Poulailler(ル・プーライエ)での展覧会「PAPIER - 紙」では、作品の
ほかに、絵本や画集、絵葉書なども並びました。机の上には…    
                ↓
    




フランス語でのプロフィールも。画廊主のパトリックさんがホームページを
くれたみたい。ありがたい。札幌駅のしごと、CDのアートワークを担当した
谷川俊太郎さん、ノノホとコーセイの名前も網羅されていました。    






フランス初公開の書籍は「K for KIRIE」、「日めくりの日々」、「Cut!」、   
マークのなかにかくれたかたち」、「ぞうさんぽ」。              










机の上に乗せた名刺代わりのカードは、「PAPIER - 紙」の参加アーティストの
ひとり・マールチェさんが作ってくださったもの。フランス展の後、同じ作品 
(+アルファ?)が巡回するのストックホルムでの展覧会のアートワークで。  






 *








会場で上映されていたマールチェさんとユーディットさんの共作の映像作品は、
DVDも販売されました。                         




実は書籍は初日に間にあわず、ハラハラしていました。先ほどの写真に写っていた
本は、私がスーツケースに入れていったサンプルと絵本数冊だけ。あとは予約して
もらっていた状態。もしかして、行方不明になって届かなかったらどうしよう、 
画廊主ご夫妻、「ほら、明日には届くかもしれないよ?」と、慰めてくれましたが
東京に帰ったら即、もう一度送るね!と言った後、あ、そうだ。フランス展の初日
11日、は大阪のondoでの二人展「Cut!」の最終日だ。そうだ、日本に戻ってから 
再発送するよりも、早い!と、大阪に連絡。フランス展が始まって、4日め、10/14
に東京から送った第一便が到着!とのこと。ほっとしました。届いた写真には、 
画廊主への日本土産・豪徳寺の招き猫も。 :)                 




そして茅ヶ崎から送った「Cut!」は、その4日後、10/18に到着。




二人展会場の大坂・ondoから直接フランスのLe Poulaillerに送ってもらった荷物も
こちらは船じゃなくて飛行機で、21日に到着!お送りありがとうございました。 
飛行機は早いね。笑い話で済んでよかった。・・・✈  (旅日記、つづきます)




       


「PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子 
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                       
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France     





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...