2014/11/09

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:ヴェルニサージュ、沢山の来客







「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:つづき)「PAPIER - 紙」の初日…というか
ヴェルニサージュ(ここの記事を参照)。内覧会というか展覧会一般公開前の
特別公開、なのですね。会場のLe Poulaillerのある辺りは、朝にコケコッコー
とかモー、とか聞こえるほどに、のどかなエリアだし、私はヨーロッパで初の
展覧会だし、どのくらいの方がいらしてくださるのだろう?と思っていたら…





うわっ、と老若男女、沢山の方々にお越しいただきました。中には、
先程紹介した隣国ベルギーからいらしてくださった友も。    






出品作家:Maartje(マールチェ)さんの作品を見る、同じく

出品作家のJudith(ユーディット)さん。         





そして、私の作品のポーズの真似をするマールチェさん(笑)。




 

実は、フランスに来る前にMaartjeさんと作品を交換しよう、と約束していました。
彼女がポーズを真似した「F」の作品と、私が抱えているマリアさまの絵を交換こ。
ふたりとも、作品のポーズのまねっこしてますね。笑。             







欧州旅から戻って、どうだった?と友人にきかれて、「うん!自信がついた!」と
言いました。私の作品を評価してくれる友なので「そうりゃそうだよ、辻恵子の 
作品みたら、みんなびっくりするよ」と言う。「いや、英語とか通じてさ、ほっと
したの」と私。「そっちかい!」と、友。でも、作家としても、自信つきました。
こうやって機会をあたえてもらって、来られて、しあわせ、とおもいました。  






画廊主の奥様・マダムはいろんなお料理をつくってくださいました。バーに
ぎっしりと人がいて、テリーヌのようなものや自分で焼いたパン、ピザ風の
もの、などなど…。あまりに人がいて落ち着いて食べられなかったけれど。

語を話せる、教師だという女性と、立ち話をする。作品を作るうえで  
「核」というか私が大切にしているのは、という話をするときに、     
ウィリアム・ブレイクの「Auguries of Innocence」の冒頭の数行を   
引用すると、「はっ!そうか、そういうことね!」と腑に落ちた顔を   
なさって、詩人の言葉は万国共通というか、すごいな、と再認識。    
 
一粒の砂に世界を、野の花に天国を…                

これを読んだ学生時代には具体的に「はっ!そうか!」と思ったわけでは
ないのだけれど、「なんでもない」と思われているものの中にも、   
詩人は「なにか」を見つけているのだ、と知った。          

ちょっと視点を変えれば「ただの」新聞紙にだって、面白いものが   
かくれてるかもしれないじゃない?と。画材を買い込んで       
作るのではなく、ハサミと、紙だけで作るようなもの。        

そんなヒントを、きっと間接的にもらっていたのだともう。      







画廊主の娘さん(アリス)にも会えた。かわいらしい人だった。「ご両親、 
本当に素敵な人たちですね!」と言うと否定せずニッコリと「でしょー!」 
なんていって、笑うような。私が泊めていただいた部屋にあったオカッパ頭の
ザジみたいな可愛い子がアリスで、大人になった彼女は不思議の国のアリスが
着ているスカートみたいな水色のリボンをつけていた。          






(このビデオ、とてもすきなのです、アリス話に便乗して載せちゃおう:笑)







それから、絵は、ユニバーサルなものなのだなあ、とも感じました。
説明を求められることもなく、じっと直接、自分で作品と対話する 
人が多かった印象。ニコニコと「わあ、ほんとうにすごいわ!」と 
喜んでくれたご婦人だとか、あれが欲しかったのだけれど売れて  
しまってて残念、と話すおじさまなど。いろんな方に会えました。 





中庭からみた画廊。18時半から始まったオープニングパーティー、というか 
ヴェルニサージュ?(ってこういう語源なのですね:ニス)なかなか終わらず
少し人酔いして後半、別室で休んでいたら、コンコン、とガラス越しにドアを
叩く音。女の子が、ニッコニコで「Merci!」と言ってくれたので、私も、 
「Merci!」と返しました。少しづつお帰りになるゲストたち。最後の車の  
エンジン音がきこえたのは深夜12時すぎでした。 旅日記、つづきます)






「PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                       
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France    





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...