2014/12/29

私の「2014」ハイライト ・ よいお年を!







もうすぐ年が変わるので、2014年をふりかえってみます。年明け早々、
1月に山口、4月末〜5月始めに長野へと、個展「日めくりの日々」が  
巡回しました。前年に東京・大阪と巡った後の3、4箇所目。初・山口。 
東京でお店を開いていた店主の新天地・ロバの本屋。山奥で、いい場所で
あった。初めて鹿の鳴き声を聞きました。猫のみーこやん、可愛かった。

長野では、満開の桜を見ることができました。夢のような景色でした。 
東京と、長野と。一つの春に二回も桜、って贅沢で不思議でした。昼食に
信州蕎麦を食べに連れて行って頂いた先で、初めて野生の猿を見ました。
そうそう、長野への巡回が決まったのは消費税アップのせい(おかげ) 
でした。*価格改定シール何枚お入り用ですか?の電話がきっかけ。  




昨年の秋に発表した自費出版の二巻目 「日めくりの日々」は、
少しづつ増刷できることもあり、年末に4版を印刷できました。
ハルカゼ舎の日めくりにハサミをいれて製作した作品集です。 
 
展覧会は思いがけずロングラン(本当は2回の予定が4回に)。 
来場者を中心に、ハルカゼ舎の日めくりのファンになって   
下さった方もチラホラいらして、嬉しい限り。        





昨年の4月号から今年の3月号まで、フレーベル館の月刊・学習絵本の
付録(親御さんのための読み物・小冊子)「み・つ・け・た」の  
表紙を担当しました。書籍の表紙は経験ありますが、月間刊行物の 
表紙は、これが初めてだったような気がします。         





某お仕事で製作しまくっていた黄金週間を取り戻すべく?   
5月末〜6月初めに盛岡再訪、初めての秋田にも出かけました。 
秋田まで飛行機で飛んで、秋田から新幹線で盛岡。ダスティン・
ウォング公演を最前列で観る。贅沢な旅でした。       
念願の、赤い新幹線にも乗ることが出来ました。       




その秋田〜盛岡旅から戻った直後、三重〜奈良旅へ。
仕事と関係ない・「出張」じゃない旅、二つ連続。 

*出張、といえば大阪に2回も行きましたね。   
「Cut!」の搬入・初日と、欧州から戻ってからと。
後者は来年のお仕事関連です。おたのしみに。 





 今年も中央公論新社の図書目録の装幀画と題字を担当。
2006年からなので、9年目!ありがとうございます。



7月に出た本「七十二候を楽しむ 季節の紋切りあそび」では、    
夏の紋切りのデザインを、父・辻賢二郎と、私・辻恵子が担当。   
作者名の箇所に、父娘の名前が並ぶの、「ビバプリゴ」以来の嬉しさ。




7月は子供を対象としたワークショップの講師も、つとめました。
紋切りの本のことも、イントロダクションとしてやってみたり。




奈良旅でお世話になったルミさんが本をみながら製作して、 
新薬師寺(!)の灯籠に貼ってくださったのも嬉しい驚き。 





8〜9月に茅ヶ崎 、10〜11月に大阪、11〜12月に鎌倉で開催された大社
優子さんとの展覧会「Cut!」では、自費出版の画集3冊めも無事刊行。
二人の作品が並ぶだけではない、作品世界が入り混じった展覧会に。 

ちなみに、画集の後書きを書いてくださった黒田真琴さん()は  
写真家で、帽子作家でもある方。この記事の最初の写真で私が    
かぶっている赤い帽子も、彼女の作品です*            





11月にはバンド・She Her Her HersのCDシングル「Sense of Wonder」のジャケットの  
アートワークを担当しました。実は「Cut!」の大阪会場の搬入がおわった夜、欧州出発 
直前に(=やり直し出来ない状況で)製作。二人展と同じコンビでの3度目の仕事でした。




10月:朝日新聞出版の「大学の力 2015」の特集の絵を切り絵で、
エッセイの挿絵を水彩画で担当しました。水彩画の絵が自分に  
そっくりで可笑しかった。            ↓     
  


同じ朝日新聞出版のお仕事で、7月には2回めの「AERA」の挿し絵も。





10〜11月には、フランスのル・プーライエで開催された合同展
PAPIER - 紙」に参加、初めて欧州へ。オランダとフランスを
旅しました。久しぶりの再会や、お会いしたかった人たちとの
はじめましてが詰まった濃い日々でした。上記の「大学の力」
"グローバル"特集ページを担当しているのが出た時に、何故か
アムステルダムにいた事が、こそばゆくもあり、面白かった。

旅先で出会った人たちは皆、とても良い人達で、恵まれてる 
なあ、とか、生きていてよかった、とか、英語勉強しておいて
くれてありがとう、学生時代の私!…と思う。案外、文化的な
「違い」よりも人間として、アーティストとして「同じ」印象を
持つ出来事が多かった。思いやりだとか、色々。      




 

さいしょ、展覧会へのオファーを頂いたただいた時、直感的にロバの本屋(この記事の
冒頭の日めくりの日々山口会場・山奥にある良き店、写真・左)を連想したのだ 
けれど、あながち間違いではなかった。外国に面した海峡の近く(といえば近く)、 
都会とはいえない場所(フランスのほうが町中)。ロバの本屋は元・牛舎で、フランス
会場のル・プーライエは「鶏舎」という意味、実際にニワトリ小屋だった。いなかに 
つくった画廊で、店主のセンスが光り、でも"アートだぜ!"と格好つけない、肩肘を  
張らない、柔らかなオーナーの人柄が人を引きつけるところも似ている気がする。  





こちらは作家本人(私自身)が行かれなかったのが残念でしたが、
フランスで展示した作品は更に旅をして、北欧はスウェーデンへ。

11〜12月にKIKIにて、個展「Dolda Former, Dolda Berättelser
(=かくれたかち、かくれた物語)を開催することが出来ました。
そもそも、初めて欧州にいくのです、とKIKIのオーナーに相談を 
していたことがきっかけ。じゃあ、終わったら巡回展を…と、  
お声をかけていただいて、実現が出来ました。不思議な御縁。  






その他にも展覧会お仕事、させて頂きましたが、ぎゅっと凝縮
させると、私の2014年はこういう年でした。新しい試みは二人展
「Cut!」で、今まで通りの私(の作品)を、外国の展覧会で。  
展覧会のペースも、つめこみすぎずに出来た感じがします。  

まだ発表できないことも含まれているのですが今年は蔵前界隈の
友人たちとお仕事をご一緒できて嬉しい年でもありました。画集
「Cut!」のブックデザイン・渡邉朋子さん、革作家曽田耕さんの
案内状で、写真家の大沼ショージさんと。*あと1つは後ほど。


今年も多くの方々にお世話になりました。

ありがとうございます、おおきに、   
メルシーボークーダンキュウェル!  

来年もどうぞよろしくお願い致します。 

            よいお年を。


                      辻 



2014/12/26

焼き林檎とゴッホとアルヴォ・ペルト









寒さで出不精になりがちなので、少しお出かけしよう、と心がけはじめる。今日は
橙灯)へ行ってみる。9月に初物を食べた焼き林檎・[年内&今季]の食べ納め。
紅玉は季節が短く、酸味の少ない他の林檎ではこの美味しさは出ないのだとか。 




注文が出てくるまでの間、窓の外の車の音「ブオー」、かちゃかちゃお皿の音、
レンジの音→「チーン」など混ざりあっていいなあ、と聞き惚れてたんだけど、
そして出できたカフェオレの湯気の、たおやかな動きも綺麗だったんだけど、 
それを動画で撮るには容量たりないよ、と端末が言う。文字で書きとめとくよ。





皮はナイフをいれるとパシッと手応えがある。はらり。もぐもぐ。
パシッ。はらり。もぐもぐ。生クリームどっちゃりのケーキよりも
果実を食べている感じだとか、あたたかさだとか、いいよねえ。 





欧州旅日記はもう終わったのだけれど、飛行機の機内誌(Holland Herald)に   
載っていたゴッホのこの一言を思い出してた。"いい仕事をするには、よく食べ、  
静かにコーヒーを飲む時間が必要"なんだよ。そうそう。ゴッホ分かってる。    



余談ですが:


店主と話している時、作曲家のArvo Pärtの話になった。「どう発音するか、わかんないんだ
けど」…と。あとで調べたらアルヴォ・ペルトと読むようでした。ブログを書くとき然り、
伝えるための調べものはけっこう面白い。その「無駄足」の重なりが、ひょんなところで 
(自分の中での回路や、人との会話で)つながって、ひろがったりもする。ついでに動画を 
あれこれ見ていて気に入った曲/演奏は、これでした。冬の夜に似合う気がします。明日は
東京都心でも最低気温がマイナス1℃になるそうです。昨日から、夜に拍子木を打ち鳴らし
ながら「火の用〜心」と呼びかける巡回が始まりました。初日は明らかにてんでバラバラで
微笑ましい感じだったのですが、今夜は「火の〜用心」、と伸ばす部分が微妙にかわって、
初回よりも調子が合っているようでした。お寒い中、ご苦労さまです、ありがとう。   









2014/12/24

Merry Christmas, 3・サンタ






今年はモール・サンタふえて3人ユニットみたいになってる。
古株の左(nicoにて自作)が一番おちょけさん。

Merry Christmas!



2014/12/21

「19701221」の誕生会へ






毎年恒例になりつつあるお誕生会へ。写真家の大沼ショージさんと、デザイナーの
セキユリヲさんが同じ誕生日で、毎年小冊子「19701221」を出しているのです。 




5号目となる今年は来月出版とのこと。千人針には私もご協力。仕上がり楽しみ。




賑やかなのも楽しいけれど、今年は少人数で、静かで、これまたよい宴でした。




窓の外のスカイツリーは、クリスマス色でした。
東京・クリスマス・スカイ・ツリー?     
…って数年前も同じこと書いてました。笑。  



▲▲
▲▲▲




追記




1/21に「19601221」最新号、刊行されました。
千人針の参加者の
一人として、私の顔写真も小さ〜く、掲載されています。
(二つ見開きあり、両方に)。




そして持ち寄り食事会(昼)。色んな人の手料理、
"これはどうやって作ったの?"など聞きつつ頂く。





私も何を作ろう?先月と同じでも何だし…と、 
春菊を茹でてたりして。きれいな色合い、   
ぎっしり葉っぱの模様。ウィリアム・モリス的。




本日の3品。白和え、きのこ・玉ねぎと人参のカレー風
(スパイス)炒め、そして、ひじきサラダを作りました。







2014/12/19

"Best Moments on Instagram" 2014






今年も、インスタグラムでどの写真が人気だったかのランキングをやってみました。
五位は「100人のTシャツ展」DM、四位は長野での個展のときの:       


\穂高駅前でボクと握手!/
            …の熊 w




二位は東京に大雪警報が出た日のスマイリー:




堂々の一位は千石から経堂に引っ越した雑貨店・sotckの  
開店準備をちょこっと手伝った時に撮った角刈り君でした。








「ぽち袋展 2014-2015」@ shop+spaceひめくり(岩手・盛岡)








*****************************

「ぽち袋展 2014-2015」
会期/2014年12月19日(金)〜2015年1月20日(火)
※木曜定休、年末年始の休みあり
営業時間 10:30~19:00 *最終日は16:00まで
会場/shop+spaceひめくり(岩手・盛岡)
住所/〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町4-8
電話/019-681-7475

年末年始の営業は下記の通りです:          
・12/16(金)〜12/29(月):短縮営業(10:30〜18:00)
・12/30(火)〜1/2(金)休業            
・1/3(土)〜1/7(水):短縮営業(10:30〜18:00)  
・1/8(木):定休日                 
・1/9(金)〜:通常営業               
*****************************






3回めの参加、岩手・盛岡のshop+spaceeひめくりでの

「ぽち袋展」に出品しています。           




今年のぽち袋はこちら。今までの二回は四角形でしたが今回は変形サイズで、

2015年の干支・羊型です。ご紹介が遅れて過ぎてしまいましたが、羊飼い、
うまや…羊。クリスマスにも使えますね。来年のクリスマス用にも、どうぞ!?





裏返すとこんな風になっています。袋は、折りたたんだ千円札が

入る位の大きさにしてあります。お年賀にも是非。      





会場のようす。ぽち袋といっても、色々な素材・大きさのものがあるようです。



*





こちらは、樋口佳絵さんのニャンコぽち袋ホクホク、かわいいなあ







会場写真は、盛岡っ子のユタカさんに撮影お願いしました。感謝!




上の写真にも写っていますが、たて型で四角い・羊のぽち袋や…、



わりとスタンダードな、ぽち袋も製作。こちらは紙を重ねて、ちらりと白い紙が 
のぞいています。少し厚手で、500円玉をいれてちょうどいいくらいのサイズ。 
製作を始めるときに「今年は紺色で作ろうかな?」の直感は見事に外れましたwが

数点は紺色の地に、白い羊があしらわれたシックなものも作りました。お年賀の 
ご挨拶に、是非ご活用ください。                      








LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...