2015/05/10

日曜日の六本木へ。







気の早いコ。まわりはまだ黄緑色。
今日も外出。人が多そうな六本木に
しかも日曜日にいく気になったのは
何ででしょうね、陽気のせいかな。





頂いた
招待券で、森美術館「シンプルなかたち展
」へ。ゆるやかな動きを伴う
インスタレーションふたつを時間をかけて見つめました。上の動画の作品は、
オラファー・エリアソンの「丸い虹」。会場では音楽は無しです。展示室の 
上部で、ゆっくり回る輪。光に照らされ、影と虹をつくり、その光のが魚の 
ような形になったりする。ほんの一瞬だけ、まんまるくなる虹の輪。日食や 
月食をみている気分にもなる。もう一つは、白い布が、床下の送風機の風で 
ふわぁっと浮かんだり波うったりする大巻伸嗣さんの作品。作品越しに窓の 
外に東京の街が一望できる展示室のせいか、雲のようにも見える。いや、海の
波かしら。余談ですが、その展示室は荒木珠奈さんの作品展あった懐かしい
場所。場所の記憶、ハコ(会場)の記憶についても想う。         





展覧会を見たあと、いつもの展望室に寄って帰るか、と、思ったら
来たことがなかったスカイデッキなる場所に出てしまった。屋上の
ヘリポートというか。ガラス越しじゃない、高いところ。ちょっと
足がすくむ。美術館では、スターウォーズ展もやっているので、 
ダース・ベイダーと写真を撮ろう!というような催しがあり、  
ずっと、ダース・ベイダーのテーマ(音が出ますよ→ こちら)が 
流れていて、おかしいやら、こわいやら。(笑)。       




スターウォーズといえば、六本木のABC(青山ブックセンター)の   
手描き看板がディック・ブルーナ x スターウォーズ!でした。素敵。







話を六本木ヒルズに戻すと、高層階にある美術館から、エレベーターで降ろされる
階にある画廊では、宇野亜喜良さんの展覧会が開催中でした。写真は、展示室では
なくて、宣伝用のウィンドです。宇野さんの原画を見たのは初めてかもしれない。
目指して見にゆくのもいいけれど、こうやって、不意に遭遇できるのは嬉しい。 
そして、わ!ご本人がいらっしゃってる!と思ってから、しばし作品をみていて、
振り返ると居なくなっていたので、ああ、夢?マボロシ?と可笑しかった。   
控え室にでも移動したのかもしれませんけれど。私も、在廊していても     
人酔いしてしまうこと多々在り、なので、先生、いらっしゃって        
ましたよね?ね?…などとは聞かずに、帰る。(笑)             






道端にあった手書きの看板。サイセンタンな街なんだろうな、という
六本木なのに、昭和というか、アナログというか、いいわぁ。そして
地図としては、長い矢印だらけで面白い。 :)          


\オマエヲタベテヤロウカ/

六本木ヒルズの近くのミッドタウンには、ゴジラがおりました。
想像してたより目が小さくてびっくりしました。       
あれやこれや、いろいろ見聞きできた日。          

ゴールデンウィークのあとの日曜日。連休気分が終わる。   
わりと働いていたので、時間差で来月しばしお休み頂く予定。 
今日、急に旅程、変わる。あれこれ手配・準備せねば。    











0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...