2015/06/27

優しいお巡りさん/ブラジルの民画/バリアフリー下見






名物のヒマラヤ杉を撮る人の背後で、写真を撮り終わるまで
そっと一時停止してあげている優しいお巡りさん。    



水に浮かべられた花、レースのようになっていて綺麗。散歩していた東京の下町
谷中(やなか)は、お寺が多い地域。水、お寺…で思い出したけれど、朝、先月
急逝なさった次回個展会場のオーナーのご家族から香典返しが届く。添えられた
紙で彼女の戒名を知る。あの素敵な場所のヌシらしい、素敵なお名前だった。




…現実にもどって。ツイッターで、この展覧会のことを知って久しぶりに
谷中ボッサ()へ。日本でいうと大津絵みたいなものでしょか。日々の
行事などを素朴な絵で表していて、楽しい。わー、会期明日までだ!と、
思っていたらHPによると「好評につき、会期延長」だそうです!*〜7/8




そして、本日の散歩にはミッションがありました。車椅子を使う人を美術館に
アテンドするには?の下見。ホームページでフロアマップなどを見ていても、
何となく理解しづらいので、実際に行って、聞いてみる作戦、というか実行。
タクシーで行くとして、車道からすぐの藝大美術館と、車道から入口まで少し
距離がある都美では受付嬢と、搬入口の守衛さんにお聞きする。都美は、  
タクシーなら搬入口から入れるとのこと。ほっ。都美の絵地図が、     
浅生ハルミンさん()作で、かわいい。                




夏至は過ぎたとはいえ、とても日が長い。夕焼け空がとても綺麗な日でした。
いつもより少し遅く、東北は梅雨入りしたのだとか。タテに長いニッポン。 

ところで、このあいだ奈良にいったとき、「ブラタモリ」の取材が、来ていた 
という噂を耳にしたのですが、今夜の放送がその回でした。風の栖)や  
NAOT Nara)などがある「ならまち」。私が道に迷って電話口で「えーと
"げんきょうじ"?」と間違えて読んでしまった元興寺(がんごうじ)のこと、
なんでアレコレ大きいのか?という素朴な疑問の答えも判明。いい番組だ。 





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...