2016/02/13

小川純子さんと一緒に取材を受けた日








進行中のプロジェクト関連で、映像作家の小川純子さんと 
一緒に取材をされました。パシャッ!ストロボ?光の消える
直前が撮れた。                    




「はじめまして」のライターさんたちに、普段は主に
こういう切り絵作品を作っている、というご説明。
印刷物の色の部分をそのまま活かして…というより
お見せするほうが早いかな、と、目前で制作。  
数年前の動画ですが、こういうかんじです。   


もみじ市 2010 Web コマーシャル
映像制作/ねるやま研究所 






でも、今回の作品は貼り絵作品です。貼り絵も、まあ
切ってから貼るので切り絵と言えなくもない?ですが
私にとって初めての絵本だった「かげはどこ」、その
後の「しょくぶつえんのまいご」のほか、雑誌の挿絵
天然生活クーヨンなど、ときどき発表しています。

今回の制作初盤にアニメーターに渡した時は少女達の
体のパーツは仮どめのままで、スキャニングのときに
バラしてもらったのですが、久しぶりに見た自分の絵
のバラッバラ加減たるや!なかなかショッキングな 
光景でありました。笑。             

今回の取材のために、元の写真を参考にしながら、 
復元したりして。そのうち、ちゃんと貼り付けて  
あげるからねー。ともあれ、取材終了。公式    
ホームページの方やムック、雑誌など複数の    
媒体の方とお話していたので、発売日や      
公表された時にお知らせいたしますね。      

  ドラマガイド(パート1)です
3/25発売。     


こちら




お茶でも飲みましょか、と暗さが落ち着くカフェに入って、
しばし打合せのようなこと。一ヶ月前くらいに、もしかして
つかえるかも知れない?と貸出していたガラスペンは、綺麗
だからこそ目を引いてしまって、目立たせるべきものよりも
主張してしまって却下になったそうで、残念だけれど、まあ
よい物をつくるためには色々と案を出すのは大事大事、無駄
ではない、と思う。ともあれ、絵を作り終えたので、今は 
アニメーターや映像監督、写真家や音楽家の人々などが、 
一生懸命にやってくださっているところ。私はこんどは、 
試写に同席するのがお仕事だ。けっこう、間髪あけずに  
物事はどんどん前に進んでいく。            






取材場所が本郷だったので(2日連続で、本郷だ)、帰りに
東大の構内を散歩。「祝・全国大会優勝」みたいな感じで、
ノーベル賞(!)受賞を祝うポスターが貼ってあるのが  
なんだが微笑ましく、すごいなあ、と思った。      






0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...