2016/03/04

春は色々はじまります/こわかわいい猫/水木三人兄弟の本





  
夜、このあいだ打合せに行ってきた仕事の作品作り。
写真のものは、使わなかった鳥と人の、試作です。 
今日制作した絵はウェブサイトに掲載される予定。 
4月頃に公開になるのかな、またお知らせします。 
春は、この絵のことだけではなく、表紙の絵を制作 
する季刊フリーペーパー」のことや、テレビの 
お仕事なのですが→ 進行中のプロジェクトのこと、 
(後日追記:連続テレビ小説「とと姉ちゃん」関連) 
色々スタートします。テレビのお仕事は、数日前に 
これでOK!となったようで(まだ仕上げ作業はあり 
ますが)、ほっ。そして、はー、もうすぐだあ、と、
ドキドキ、してきています。心づもりができたら、 
発表します。(まだ出来てません:笑)。     





昼間は、ひなたぼっこする猫を見た後、サントリー美術館へ。
日本美術に興味が湧いているのいるのかな(自分が)。先日 
見た展覧会で素敵だなあ、とメモした絵師の名前が宮川長春 
だったのですが、今回の作家も宮川香山と、宮川さん続き。 
生きた時代が数百年も違うし、生まれた場所も違うけれど、 
遠い親戚とかだったりして…と夢想する。長春は削ぎ落とした
線で、香山はゴテっと緻密、全然テイストも違うが。香山展の
メインビジュアルになっている壺の猫の、こわかわいい感じ、
素敵だった。甘さがない可愛さだってある。芸術家って、ある
意味、「いっちゃってる」位のほうが痛快なのかもしれないな
と思う。中途半端なゴテゴテは得意じゃないけど、香山のは 
もう、極まってて、「参りました」という痛快さがあった。 





展覧会を見たあと、根津のノマドへ移動。少し前から
ここのサンドイッチが食べたかったのを思い出して。
美味しいものは美しい、なんて思う盛り付け。お店の
蔵書の「ゲゲゲの老境三昧」の始めのほうを読む。 



ゲゲゲの老境三昧 水木3兄弟、合わせて270歳

水木しげるさん、三人兄弟だったんだ。へー。   
長寿の秘訣は、のんき。という話の後に、哲学書を 
読めよ、という話。ピカソの子供のような絵の前に 
写真のように狂いのないデッサンがあるように、  
のんきの裏に哲学書や、本で仰ってなかったけれど:
戦争で死にかけた体験や色々な出来事があり柔軟の
裏には、芯が通ってんだ!と嬉しくなりました。  





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...