2016/09/30

マスキングテープ打ち合わせ/リドルとトートーニー/銀座トーク








後日書いていますが:9/30のらくがき。
"「とと姉ちゃん」あと1回!"


9/28に発売になった宇多田ヒカルさんの
ニュー・アルバム「ファントーム」は、
日本のみならず各国で一位や上位に。 
中でもiTunesのUSチャートで3位!と
いうのには吃驚。はわわ。      






前日に打合せをし、前夜に製作した
急ぎの仕事の原画を届けに、外出。
午後でもよかったんだけど、昼間に
婦人倶楽部がFMラジオに出るそうで
聴き逃さないために朝に調整して 
頂いたのです、が!盛大に道に  
迷いました。昨日は別の駅から  
行ったからなあ。結局タクシーに 
乗って、鳥越神社まで!と告げる。
道に迷いつつも写真は撮ってる。笑






打合せの写真は割愛(出来上がりをお楽しみに!)
ですが、デザイン事務所の引越し祝いに、手ぬぐい
を、お持ちしました。彼らがデザインしている、 
雑貨店のフリーペーパー「」というのがあるの 
ですが、その系列店の1つノイシュタット・ブルー
ダーは、この手ぬぐいが売っている、シェアード・
トーキョーと同じ、東京駅の改札内の商業施設  
「グランスタ」の中にあります。ハシゴしてみて 
くださいね。

 

シェアードトーキョーでは、
トートーニーという革の工房
のグッズも手に入るのですが



これは東京駅で撮ったのではなく、
先述の、フリーペーパー「」や、
進行中のマスキングテープの仕事を
リドルデザインでの打ち合わせ後




なんと、リドルの下の階にて撮影。

*男性がリドルの二人、女性が 
トートーニー。      




トートーニーのチラシ類などを友人の
葉田いづみさん(手紙の本でもお世話に
なった方)が担当していたり…   

手紙のある暮らし -手書きだからこそ伝わる大切なこと-

ちなみにこの本の表紙の下の部分は、
「暮しの手帖」の創刊者をモデルとした
とと姉ちゃん」のオープニングの絵を
担当するとも知らない頃に、同誌の
古本で私が手作りした封筒です。 

*




(閑話休題)…葉田いづみさんが紙ものの
デザインをしているというだけでなく、
二年前に秋田に行った時に、まど枠と 
いうお店の方が、トートーニーの方が 
辻恵子さんはスゴイ!って噂してた、と
言うような話を伝え聞いていたので、 




わー、やっとお会いできた!って感じ
だったのです。今日オープンした、 
とか、する、とかいう感じだったので
またゆっくり伺おう。*写真の公開 
許可、頂いてます。        







リドルデザインやトートーニーが入って
いるビルは、地下鉄やJRの駅から少し 
歩くので、バス(めぐりん)に乗って、

上野駅で下車。すぐ近くに老舗らしい 
お蕎麦屋さんがあったので、初めて  
入ってみました。いい昭和感。    



翁庵、山口瞳の小説にも出てきてるんだー。






ここに、おばあさまが座って食券を売って
います(いないときに撮りましたが)。 
カレー南ばんも、安定の美味しさで、  
ほっとする味でした。また行きたい。  




そして昼に婦人倶楽部の出ているラジオを聴き、
昨晩の夜更かし(製作)で寝不足なので少し 
休みをとってから、夜にまた外出。森岡書店
森岡さんがキュレーションをした「そばにいる
工芸」のトークを聴きにいきました。二時間位
あって、長いかな?と思いきや、飄々とした 
語り口がおもしろくて、あっというまだった。




帰り道、銀座で働く友人と(閉店準備中だった)
ばったり目があって、格子状のシャッター越しに
握手をしたり、不二家の看板がハロウイーン仕様
で、ブラック企業みたいになっていたり(笑)、
帰り道まで、濃厚な一日でした。       









0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...