2016/09/18

佐渡(ハロー!ブックス & 町)で出会ったモフモフ



\もふっ/


佐渡での「ハロー!ブックスレポート、つづき。
写真いろいろ撮ったので、何か「くくり」にして 
紹介してみようかとおもいます。「食べ物」とか
会場や佐渡でみつけた「もふもふしたもの」を。



上の写真は、せこなおさんの展示コーナー
クケリの広場」です。ポーズをとってくれ
ているのは、せこなおさんではなくて、
チャンキー松本さん()です。笑。 
この大きなクケリ(ここによると、  
ブルガリアのナマハゲのようなもの)は
自由にかぶることができました。   




佐渡の観光はほとんど出来なかったのですが、
本州に帰る朝に、宿の近くを散歩したら、  
クケリのようにモフモフした家を発見。   




モフモフの正体は、お米でした。
実りの秋です。新潟県ですもん、
佐渡は。米どころ!(→ 佐渡米








米で家が見えない、って贅沢ですね。ちなみに、写真に写っているお二人は
たまたま旅程が重なって、ハロー!ブックスにも立ち寄ってくださった   
& 帰路の旅をご一緒した、先輩たちです。               











話をもとに戻すと、
せこなおさんの作品
モフモフのクケリの
他にもいろいろ、 
キュートでした。 


*




せこさんの展示室は3階、私の展示室があった
3階(お隣の教室)では、のそ子さんのワーク
ショップが開催されていました。佐渡といえば
…のひとつ、トキのヒナブローチだとか、  


いいなあ、ワークショップ私も参加したいなあ、
とウズウズしつつも、なかなか忙しくて叶わず、
ご挨拶までと手ぬぐいをお渡ししたらお返しに 
サドウサギのキットを頂きました。型が、切り 
絵みたいですね。このワクの中に、ウールを  
細い(専用の、キットに入っている)針で、  
プスプス刺して、安定させていくのです。   


石鹸水でウールを凝縮させるタイプの 
フェルトを作る友人がいるけれど、針で
刺して作るのは初めて知った。家で、 
古いコンピューターがぐるぐると「考え
中」になっている間に、作り始めてみま
した。(10/1のこと)。段々ウサギぽく
なってきたかなー??        



\!/

佐渡の思い出を思い出せそうな
サドウサギのブローチが   
できました。キットはもう一つ
入っているので、またプスプス
やるの、楽しみです。    



結局、一晩で二匹つくってしまいました。
首飾り等、ちょっとアレンジもくわえて。




0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...