2017/01/22

目に焼き付けるか、端末で撮るか






最近、製作・打ち合わせ・製作、打ち合わせ、という
感じのリズムが続いていて、あまり外をふらふらと 
散歩できていない。…寒さのせいもあるけれど。  
久しぶりに画廊に行ったのが、この三つ。偶然、  
三つとも色を抑えた白っぽい案内状のイメージ。  
上は透明・光・虹、みたいな主題。実は、しりあがり
寿さんの展覧会を見に行こう、と思ったら定休日に 
行ってしまって、そのまま帰るのも何だし…と、  
近くのポーラの画廊に寄ってみると、これがきれい。



とても繊細。同業のサガで、ああ、これは
運ぶの大変そうだな、とか、監視員の方も
一日中神経をとがらせていないといけない
ね、大変。(子供を怖がらせないように 
「触らないでね」、と言い続けるのは経験 
あり、疲れるのもわかる、が、そのうち、
展示方法に工夫すればいいのだと結論)。



ポーラの帰りのエレベーターに同乗した
女性グループの方が、資生堂でやってる
のも良いよ、プリズムの〜、と話してて
「あ!前評判聞いてたあれだ」と、私も 
ハシゴしてみる。ポーラと資生堂、共に
撮影オーケーだった。後日伺った、しり
あがりさんのは撮影禁止だった。画廊を
撮影可能にするのは、私も試しにやって
みたことがある(この時)。シェアを 
して情報拡散する社会、撮って、すごい
展覧会だった、見に行こう!につながる
のは結構だけど、私自身も含め、撮って
いいよ?と言われると、ちゃんと自分の
目で見ないなあ、と実感してしまう。 

「美しい→記録したい」もわかる。一方で
二度と見られません、録画もダメですと
言う心持ちで観たら、真剣に見る。脳に
焼きつく。先日の「わたしは真悟」が、
まさにそれ。ミュージカルだけど。  

うーん、どっちがいいんだろうな、と、
撮るのに夢中な人(含む・私)で賑わう
画廊にて、考えていました。     

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...