2017/04/23

WILD SWANSのアトリエ落成式へ








4/23、革の製品を作るC.O.U. WILD SWANS
アトリエの落成式に参加しました。いい天気!



成田空港が近いようで、
頭上には、しょっちゅう
旅客機が見えて、わー♡
いいなあ、どこに行くん
だろうなあ、と見上げて
いました。      





挨拶の後に会食、その後には
宮内優里さんの演奏もあり 
ました。(生で拝見するのは
二回目!)。宮内さんが  
乗っている作品は、尊敬する
同世代のアーティストの一人
鯱丸邦生さんの手によるもの
で、全体像は・・・    


こんな風に塔のようになっていて、
さらに隣にある建物と、地下で  
繋がっていて、         

↓           


こんな風に行き来ができる
ようになっていました。 
ハンドル部分が、両側から
持てるようになってる所が
かっこいい〜!     




塔の展望台の床の裏は、こんな
風に有機的な線が美しい。硬い
金属で出来ているのに、柔軟さ
も感じるのが素敵です。   


こうして作品の中に植物が組み込まれて
いるのも素敵です。ただ古くなっていく
だけではない、経年の楽しみ。(はっ!
革製品も同じか!と、書いていて気づき
ました…)。            




鯱丸さんといえば、の、ジブリ美術館の屋上に 
あるロボット兵の像にも、植物が仕込んであると
テレビ番組で見たことがあります。日テレ大時計
には植物はないのかな・・・。(多分ないです)




話を元に戻すと、短いトンネルで塔と繋がっている建物の中にある
食器棚も、からくりのようになっていて美しかったです。木工作家
か、建築家の方とのコラボ作品だとか。かすかに奇妙な藝術家的な
自由な発想・想像力で、いたって真面目な・職人的な技術力で作る
のが鯱丸作品のいいところ、という気がしています。*年上、先輩
に偉そうにすみません、ですけれども。           

 



家の設計は別の方(大工さん)の
手によるものだと思いますが、 
この丸み!そう、そう、こういう
細部が大事で、ふふふ、ってなる
んですよ、と、一人うれしく見て
いました。          






落成式の後は、子供達が
塔に登ってシャボン玉を
飛ばしていました。絵に
なる風景で、ぽわーん。






革製品だけではなくて、なぜか
(話すと長い)イチゴのことも
業務の一部になったようで、 
会食には山盛りのイチゴ。春の
味をいっぱい頂きました。  




あっという間に帰る時間で、こんな
景色を見ながら(本当は行くときに
撮った動画です)、駅へ。空が広い
のと、「新」利根川ってあるのか!
と驚きました。いい景色。    








駅に送迎してくださった車は
会社のロゴ入り。記念写真を
撮ってたら、30分位に一本の
電車を逃しそうになって焦り
ました。(あれっ、一緒に 
車で駅に来たお二人が居ない
…はっ!)。       




竜ヶ崎駅も、レトロで素敵でした。
着いたときに撮っておいて、   
よかったー。          




この日に伺ったアトリエの最寄駅
竜ヶ崎に行く電車は、関東鉄道
いうのですが、佐貫でJRから乗り
換えをして、入地、竜ヶ崎、と 
とても短い路線でした。駅名の 
手書き文字も、いい味出してる。




帰り道の常磐線は、
ボックスシートに 
座って、ちょっと 
旅行気分でした。 






0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...