1990/12/31

15才の時に作った木の鳥(作品)のこと








2019/11/10に撮影:ある場所で、流木を使って作った
鳥の像を見て、あれ?何か既視感が・・・学生時代、
と言っても、もう美術系の仕事をするんだろうな、と
確信?を持っていた専門学校時代より、もっと前に 
作ったアレだ!と、久しぶりに引っ張り出しました。
これ、近所の公園の木の剪定の後か何かに落ちていた
端切れを拾って、木工用ボンドでくっつけただけなの
ですが、作った時に「私、天才かも」とか思った事を
覚えています。笑。ちなみに、裏返すと、きっと
ワープロで記してくれた、制作者と制作日が。   


1990年12月31日。年齢がバレますが、15才の時ですね。
渋すぎだろう、この作風!あいにく、都会暮らしなので
木の作品は、この後あまり作っておりませんが。   



白い紙に絵の具で絵を描くのではない、新聞紙など
印刷物などにある色を使って切り出す(私の)切り
絵と通じる、わざわざ作品を作るために買ってきた
ものではない、「ありもの」で、捨てられてしまう
ようなもので、こんな素敵なものができるんだ!と
いう、原体験でもあったような気がします。   



LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...