2019/04/30

平成の終わりは豆本「ぞうさんぽ」作り




今年のゴールデンウィークは10連休。そして平成が終わり、令和が始まる
退位と即位という歴史的なことがある、2019年。前回、昭和の時代
終わり、平成が始まる時(自粛モードで重苦しい雰囲気でした)とは、
また違って、新鮮。皆、どう過ごしたらいいのっ?って感じで。   
平成が終わる日の夜のテレビは大晦日みたいな総まとめ。      
*時代が変わる瞬間は寝てました。                



大型連休中。頼まれ仕事はお休みいただいていましたが、
手間のかかる作業が多い7月のイベント(紙博)の準備は
少しは進めなくちゃと地味に準備。先日、鎌倉のパハロ
追加納品して、手元に一冊もない状態になっていた手作り
の豆本「ぞうさんぽ」(しおりについたゾウさんを自分で
動かして散歩させる豆本です)を、約70冊作り足したり
してました。そんな平成の終わり頃の過ごし方でした。


追記


7月の紙博に向けて、パッケージに説明文を加えました。
おこさんにもよめるように、ぜんぶひらがなにしてみたよ。






2019/04/25

あんみつ作り




4月半ばくらいからでしょうか、あんみつを食べたり作ったりするのが
自分内で流行っているような感じ。割と簡単に作れて、食物繊維が  
豊富な寒天、中身はほぼ水なのでカロリーも(バターたっぷりな洋菓子
などに比べたら)低い?イメージ。太るぞー、という罪悪感すくなめ。



白玉や、求肥(って作れるんだー)も作って冷凍保存して置いたりして、
これで餡子も作り出したらヤバイ(ハマりすぎ)だな、と、      
自重しているところです。                     





2019/04/18




積水ハウスのWeb CMの絵を制作:「カセットテープ」








2018年4月18日に初回が公開された、積水ハウスのFacebookページでの
Webコマーシャル「Slow Living Story」のアートワークを制作しました。
2019年4月18日の更新回は「カセットテープ」です。        

シリーズを通して公開されるオープニング映像は「Slow Living Story」の
活字から人物像などを切り出す"切り絵"で、月ごとに変わる本編は髪の毛・
顔などパーツごとに切り、貼り合わせて作る"貼り絵"で制作しました。

(1)2018年4月「幸せの最少単位」(2)2018年5月「365日の記念日
 (3)2018年6月「父の日(4)2018年7月「ひまわり」(5)2018年8月「帰省
(6)2018年9月「いろんな秋」(7)2018年10月秋の名画
(8)2018年11月「パイを焼く」(9)2018年12月「クリスマスにもってこいの場所
(10) 2019年1月「冬をさがしに(11)  2019年2月「ネコの日(12)2019年3月「弥生
(13)2019年4月「カセットテープ」 (14)2019年5月「ヒミツキッチン
(15)2019年6月「梅酒の季節(16)2019年7月「夏の音
(17)2019年8月「男の趣味(18) 2019年9月「秋刀魚 焼く


★YouTube(FB動画のプレイリスト):https://www.youtube.com/playlist..

このブログでの関連記事:tsujikeiko.blogspot.jp/search/label/sekisuifb 
















2019/04/16

文学部時代の切り絵(毒の木)と再会






4/16:映画「McQueen」を見た後〜昔の絵の整理の続きをする。まだ学生時代、
卒論(ウィリアム・ブレイクの「毒の木」)の挿絵かな。懐かしや。‬切り絵と 
いうと、こういう感じの、ちょっと「どうだ!細かいだろ!」みたいな技巧的に
なるものが多い気がするのですが、私はそれは良いやー、そういうのをやりたい
のではないな、って、これらを作ってて、気づいたんでした、たしか。黒い紙に
穴開けて作る切り絵はストイックな気分になることに気づいたというか。人には
向き不向きがあるってだけで、こういうやり方は他の方がやればいい気がする、
私はいいや、という気づきのようなもの。ちなみに1996年頃?まだ作家活動を 
始めていない、文化学院の文学部にいた時代の作品です。          











書籍「かがくのとものもと」に辻の絵本2つ掲載




かがくのとものもと 月刊科学絵本「かがくのとも」の50年 (福音館の単行本)


福音館書店から4/16発売、月刊科学絵本「かがくのとも」の50周年を記念して
刊行された本「かがくのとものもと」に、辻恵子・作「かくれたかたち 1 2 3」が
P16と2008年刊行のページに、マークのなかに かくれたかたち」が2009年
刊行のページに掲載されています。                   



 


この2冊は私にとって、初めての切り絵での絵本のお仕事。 
月刊絵本としての販売後、現在は古本で探していただくしか
ないのですが、とても気に入っている絵本です。     

*初めての絵本の仕事(福音館書店の月刊絵本「ちいさな
かがくのとも」から出た、かげはどこ」)は貼り絵




ちらり。ぜひ実物をどうぞ。
表紙箔押し、豪華版です。*




2019/04/15

Green dress







4/15:木の幹に絡まったツタが緑のドレスのように見えました



別の日、牡丹の咲いた後はピエロみたい。







「McQueen」鑑賞後、昔の自分の絵を掘り出す




4/15:学生時代に宿題で描いたファッションショーの絵を久しぶりに見る。
気恥ずかしさを伴うものやら、残す価値ないね、と思うものやら。そう
やって上手くなってくんだろうな、たくさん描いて、たくさん捨てる。
なぜ掘り返していたかと言いますと…



4/10:ファッション・デザイナーのアレキサンダー・マックイーンのドキュメンタリー
映画「McQueen」を観に行きました。規模や分野はちがえど、同じ表現するものとして
作り続けること、作品は目立って欲しいけど自分は目立ちたくないこと、作品に心血を
そそぐことのしんどさ、その結果の美しさ。ガサツさ(毒舌英国ジョーク)と繊細さ。
製作中に、クチュリエが精密に仕上げた部分の修正に、いきなりハサミをいれてしまう
ような彼のダイナミックさと、その底にあるテーラーで学んだ基盤。実話だからこその
痛みもあり、時々うるっとする。隣や後ろからすすり泣く声。まあ、美しいものは、 
その下に実は熱いマグマだったり鍛錬だったりを秘めてるんだよね、たいていの場合。











これ(1997年)とか、絶対描いてたと思うんだけどなあ。
どこかにしまいこんであるのか、もう捨てちゃったか。 








2019/04/12

東京駅グランスタ「SHARED TOKYO」の銀座てぬぐい等のグッズ






2016年7月27日に、東京駅の構内・地下1階の商業施設
グランスタ」が増床し、てぬぐい専門店「かまわぬ」の
新しいブランド/お店「SHARED TOKYO」(シェアード・
トーキョー)が始動/開店、「TOKYOまちあわせ」
シリーズの銀座の手ぬぐいを、辻恵子がデザインしました。
発売開始は8月7日。★関連記事のトップに来るように、
日付を調整してあります。



(お友達に差し上げた時の記念写真です)



個展会場にて・写真家のキッチンミノルさん









手ぬぐい(辻恵子・絵、文字、デザイン)のほかの
グッズは、かまわぬのデザイナーさんがデザインで
展開してくださいました。10月末くらいから発売。


絵葉書





トートバッグ、



ドリンクボトルに…




Tシャツもあります。東京土産に、ぜひどうぞ。
















★最新情報はSHARED TOKYOのフェイスブックで:






住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 
     JR東日本東京駅構内地下1階 SHARED TOKYO グランスタ店 



営業時間 8:00~22:00(月~土、連休中日の休日) 
8:00~21:00(日、連休最終日) 




「婦人之友」5月号: 連載(NEW!: 季節の家事)題字等制作








雑誌「婦人之友」の2019年1月号より連載3つの題字と、そのワク、
ページ上辺の絵を辻恵子が制作しているのですが、「健康往来」、
「家計簿をつけ通す同盟」、「家計ルーム」に続き、4月12日発売の
5月号より新たに始まる連載「季節の家事」の題字と、そのワク、
ページ上部の絵も制作しました。               


婦人之友 2019年05月号 [雑誌]





2019/04/11

ドイツのアーティスト集団 x mt のイベントへ




4/11:わー、マスキングテープ使いたい放題やぁ(いいなあ!)という光景



ドイツの"テープアート"集団(??グループ)Tape Thatが公開制作していた作品の
お披露目会(@文京シビックセンター地下)にて。一枚目の写真は、マステ「mt」
シリーズで知られるカモイから提供された色んな色・幅のテープ。式が終わった 
後に来場者が自由に白いボードに貼って絵を貼ることができる時間があって、普段
このくらいの幅のものがマスキングテープだ、と思っているものとは違った感覚で
面白かった。マスキングテープは和紙でできていますが、ドイツのアーティスト 
たちは、現地ではカラーのガムテープのような、もっと粘着力の強い物を使って 
いるようでした。透け感とか、きっと新鮮だっただろうな。          






「外国人にアピールするデザインのアイデア」に掲載




ピエインターナショナルより2019年4月11日に発売の書籍
外国人にアピールするデザインのアイデア」に、


外国人にアピールするデザインのアイデア

手ぬぐいメーカー「かまわぬ」が東京駅の商業施設「グランスタ」に出店しているブランド
辻恵子が切り絵、切り文字を制作、自身でデザインも手がけました。





2019/04/09

紙博のための準備(矢印の絵葉書、素描葉書)







4/9:7月に開催される催し「紙博」の準備、少しづつ始めています。
"こういう作品を作ってます"と分かるようなディスプレイづくりや…


素描葉書の準備、などなど。

*最初の写真のものは、月刊絵本として刊行され、
現在は絶版の絵本「マークのなかに かくれたかたち」の絵です。




LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...