2019/02/28

久しぶりの土砂降り・異国からの訃報









2/28:Facebook経由で、異国の友の死を知る。私と同じか、もしかしたら
私より少し若いくらい。欧州旅:フランスでの合同展の画廊主とも、その
展覧会でご一緒したオランダ人アーティストや、その姉妹仕事仲間、 
交流のある仏在住のや、つい先日も再会した米国のデイブさんとも  
知り合うきっかけも作ってくれ田・今は使っていない:Flickrで交流を  
始めたアジア在住のデザイナーだった。東京に旅に来てたこともあるし、
いつかタイミングあえば実際に会えるかなーなんて思いつつ、互いの  
手がけたものを交換したりするのみで終わってしまったなあ。昨年は、 
同世代の友人二人が病気で亡くなったけど、今回は、まあある意味病死 
とも言えるけれども、ご家族の言葉から察するに恐らく自分で選んだ道 
だったようで、複雑。生きたいけど生きられない人もいて、身体は健康 
だとしても、心が弱ってしまう人もいて。写真は関係ない、その事を知る
前に撮っていた東京国際フォーラムの地面。久しぶりの土砂降りで、  
つるつるの地面が水面のように景色を映してました。         






2019/02/24

銀巴里のマッチ箱! @ 古道具ネグラ







古道具・ネグラ関連記事はこちら)@ 乃木神社の骨董市で、
美輪明宏さんなども歌っていた銀座の伝説のシャンソニエ・ 
銀巴里」のマッチを見せてもらった。中身・マッチの頭の色
藤の花のような上品な薄紫というのも、"らしい"なあ。   


白梅・満開








白梅・満開 @ 乃木神社

先日、東北旅をした時に初めて訪れた福島県の三春(みはる)の
地名の由来は、梅と桃と桜がいちどきに咲くかららしいね、と 
盛岡の友人夫妻に話すと、盛岡でも似たような感じだけれども、
梅が少し早く咲く&入学式の頃に開花することが多いから学門の
近くに植わっていることが多いと聞きました。東京では梅〜桃〜
桜〜と、順々に咲くけれども、わっ!と一気に咲くというのは 
きっと、春が来たぞー!という喜びも倍増しそうだなあ、と想像
していました。                      






2019/02/23

紅梅と青空





2年ぶりにアメリカの友人夫妻と再会、
東京散歩をしました。咲き始めた  
ばかりの紅梅と青空のコントラストが
綺麗でした。           





2019/02/22

積水ハウスのWebコマーシャルの絵を制作:「ネコの日」



2018年4月18日に初回が公開された、積水ハウスのFacebookページでの

Webコマーシャル「Slow Living Story」のアートワークを制作しました。
2019年2月22日の更新はネコの日」。               

シリーズを通して公開されるオープニング映像は「Slow Living Story」の
活字から人物像などを切り出す"切り絵"で、月ごとに変わる本編は髪の毛・
顔などパーツごとに切り、貼り合わせて作る"貼り絵"で制作しました。 


(1)2018年4月「幸せの最少単位」(2)2018年5月「365日の記念日
 (3)2018年6月「父の日(4)2018年7月「ひまわり」(5)2018年8月「帰省
(6)2018年9月「いろんな秋」(7)2018年10月秋の名画
(8)2018年11月「パイを焼く」(9)2018年12月「クリスマスにもってこいの場所
(10) 2019年1月「冬をさがしに(11)  2019年2月「ネコの日(12)2019年3月「弥生
(13)2019年4月「カセットテープ」 (14)2019年5月「ヒミツキッチン
(15)2019年6月「梅酒の季節(16)2019年7月「夏の音
(17)2019年8月「男の趣味」(18) 2019年9月「秋刀魚 焼く



★YouTube(FB動画のプレイリスト):https://www.youtube.com/playlist..

このブログでの関連記事:tsujikeiko.blogspot.jp/search/label/sekisuifb 


制作風景


家政婦は見た!」の市原悦子さんのように扉の
影から覗き見する黒猫。…の目は、こんなに
小さいパーツです。 



ふわ〜!と大あくびする猫はこんな風に、
下書きなしで一気に切り出しました。




2020年3月末に刊行された現行社のイラストレーター年鑑
イラストレーションファイル 2020 下巻」に掲載しました。










2019/02/21

鳥か鳥人間のような木の根





木の根がこんな風に見えてしまった。鳥か、鳥人間?




「ウエルネス公衆栄養学」の装幀画









担当しました。前大道教子、松原知子・編著
医歯薬出版株式会社・刊  2012年3月刊行
装幀:山影麻奈、装幀画:辻恵子     





表紙に切り絵の細い人、ふくよかな人、若い人、

年老いた人、…色々な人物像が、       




裏表紙に、彼らが出てきた元の紙 "WELLNESS" の文字が入っています





その後、装幀の上の部分の色を変えて、毎年刊行されています:



  
 ウエルネス公衆栄養学 2017年版 ウエルネス公衆栄養学 2018年版
ウエルネス公衆栄養学 2019年版
















上:原画、下:「ウエルネス公衆栄養学」表紙


2014年版の装幀




2016年版の装幀







 



作品における「ヘンタイ」考( ≒ "本気で遊ぶ")?





年賀状の整理をしていたら、2013年の自作の年賀状が出てきました。 
これを受け取ったグラフィックデザイナーの友人セキユリヲさん)が
褒め言葉としての(と思いたい!)「ヘンタイ」!と言ったのが印象に
残る一連のものなのです。そのあと、もう一人リドルデザインの方)
にも「ヘンタイ」と言われたことがあり、前々から作品における   
「ヘンタイ」性って何だろう?と考えてはいたのですが、       
先日、何の展覧会をしているかチェックもせずに、ふらっと     
銀座グラフィックギャラリーに立ち寄ると、NYで活躍しているという 
グラフィックデザイナーのポーラ・シェア(Paula Scher)さんの作品を
見ることができて、はっ!(へ、ヘンタイ!)と、他者の作品で感じた
ことで、なるほどねー、そういうことかと、ちょっと腑に落ちました。





遠くから見ると地図だったり、「IS」の文字だったりするもの、
近くで見ると、ぎっちりと文字が書かれている・文字で絵が構成
されているわけです。*画像内の赤い矢印参照。       

うーわ、ヘンタイ!と思ったのは、その細かさだけでなくて執拗
に・根気よくその(小さな文字を描き詰めていく)作業を想像 
できるからだろうな、と感じました。夢中になって、作品に没頭
して。多分、らんらんとして、楽しそうに。         




話を、自分の年賀状に戻すと、なぜセキさんがヘンタイ!と
言ったかというとですね、あのヘビの絵は印刷ではなくて、
新聞紙のカラーページ(赤、緑と黄色)から一つ一つヘビを
切り出して、目を入れて、一枚の年賀状につき三匹を、多分
百枚以上、(それから新年の挨拶と自分の名前も手書きで)
繰り返し、作り続けたことに対してだったんだろうな、と。
あー、なるほど、(いい意味で)あほか!とか、まー、  
しつこく、こまかく、よくやるよね!というか、     
そういうことなんだろう。ヘンタイ考。         



そして、Paula Scher展の題名「Serious Play」が、本気で遊ぶってことだ
とチラシに書いてあったのにも、そうそう、そういうことです!(作品
づくりにおけるヘンタイって!←?ちょっと話は違うけど、私が考えて
いた事と重ねると)と、妙に納得できました。そして、ただ単に執拗に
細かい作品を作るぜ、っていう話ではなくて、それが洗練されてるのが
気持ち良かった。さすが〜、と思いました。ぎっちり地図の形に文字を
描きこんだシリーズだけでなく、無駄を削ぎ落としたポスターなどの 
デザインも洒脱。3月25日までやっているようです。ぜひ。      










2019/02/19

「36時間 わたしの京都観光 12通りの1泊2日」に掲載




36時間わたしの京都観光 12通りの1泊2日

昨年、淡交社の雑誌「なごみ」で京都・一泊二日の旅を取材される記事があり、
旅する様子を取材される側になったり、撮った写真(スナップ写真から数枚を
提供したもの)や短い文章が掲載されたのですが、それが書籍になります!
2019年2/26発売予定だそうです。岡書店の森岡さんなども載ってます。








内容紹介

〈忙しい現代人におくる「36時間(1泊2日)」の京都旅〉
〈12人の「通な」旅人による、見どころ案内・to do案内・センス案内〉

古都にしてあこがれの街、京都。1泊2日の旅なら、どこを旅しますか? 本書では、各界で活躍する著名人を旅人に立て、1泊2日「36時間」の旅として興味のあるテーマで京都を旅してもらい、巡った場所やルートなど、観光バスの行かない私的な京都旅を紹介します。「京都のどこへ行き、何を楽しむのか?」 グルメ、買い物、アート、史跡、カフェ、人など、12人の「通」な旅人が出会った約120件を掲載。著名人ならではの信頼できるセレクトをもって、新味ある京都の楽しみ方を伝える新感覚ガイドブックです。

【旅人と旅のテーマ】
舘鼻則孝(アーティスト)「日本文化の革新性発見」
森岡督行(森岡書店店主)「京都の人」
平松洋子(エッセイスト)「もの作り精神にふれる」
浅生ハルミン(イラストレーター)「動物を巡る」
疋田 智(自転車ツーキニスト)「自転車だからこそ巡れる京都の穴場」
松井今朝子(作家)「歌舞伎・三代名作で巡る」
太田和彦(作家)「いつもと同じコースの京都」
辻 恵子(切り絵作家)「紙と近代建築を巡る京都」
田中孝幸(フラワーアーティスト)「草花の京都」
南陀楼綾繁(ライター)「本でめぐる京都」
須藤玲子(テキスタイルデザイナー)「テキスタイルでめぐる京都」
泉 麻人(コラムニスト)「バスでめぐる京都」





雑誌「なごみ」掲載時の旅日記(ブログ)からの写真を交えてご紹介すると、
こちらが雑誌「なごみ」掲載時の写真。この時は白黒でしたが、




じゃーん!全部カラーです。私の旅のテーマは「紙と近代建築をめぐる京都」。
マリさんに教えていただいた長楽館(上の写真)や、村松英和さん(上の写真、
左上で一緒に写っている方です)が内装を手がけたウサギノネドコ京うちわ
や、唐紙(からかみ)の工房などを巡りました。*写真=小檜山貴裕さん撮影




こんな素敵な一枚も。今は廃番に(引退に)なってしまった
お気に入りの靴が写真に残って嬉しいな。これを見た友人が
私が作る切り絵のポーズみたい!と話していて、なるほど!
となりました。私が似てくるのか、作品が私に似てるのか。




帯付きの状態はこんな感じです。
ぜひご覧ください。


雑誌「なごみ」掲載時旅日記から:


この動画にありますが、エレベーターで

「おっ!」と思う発見をしました。  
*詳しくは本でどうぞ。






写真の右側:唐紙の「唐長」の女将・郁子さんも、とても
素敵な方でした。私家版の自伝「唐長 IKUKO」、拝読 
いたしました。おしゃれである事は大事だなあ、と  
伝わってくる、華やかな方。写真の真ん中に写っている
のは、京都在住の作家仲間の ひろせべにさん。一緒に 
工房見学させてもらいまいた。& 動画の「番外編」で、
鳥を観察しながら私が会話してるのも、べにさんです。
        *上の写真は編集部・Kさん撮影






「なごみ」8月号の記事で、三つ、やりたいことを
挙げた中に「美味しいものが食べたい」という
欲望をあらわにして恥ずかしいようなことを 
入れたのですが、ここのレストランで頂いた 
お料理は、多少なりとも旅疲れをした体に  
入った途端に、目がキラーン!となるくらい 
お、美味しい!(そして絵のように美しい盛り
付け、給仕の方々の所作)と、いや、美味しい
ものを食べているときは確実に幸せだな!と、
再認識するような幸せな時間でした。    



床の模様がシンプルだけど洒落てたり、建築+美味しいもの、で多幸感が半端で
ない時間を過ごしました。ありがとう、教えてくれたマリさん、長楽館の皆様、
そしてタバコ王。 *長楽館はタバコで財を成した村井吉兵衛の旧居跡です。 





ウサギノネドコの内装などを手がけた、
村松英和さんと再会。京都の絵本店・ 
メリーゴーランドでの個展の時に   
「初めまして」をしたので、お会いする 
のは5年ぶり、2度目なのですが、 
なんか和んでますね。笑。     
*村松さんのインスタ  
*写真撮影は編集部のKさん。



LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...