2019/02/15

ω




ω

冬の東北旅(盛岡〜仙台〜三春)へ





久しぶりに東北へ・初めて冬の東北に行ってきました。
寒いとは聞いていたので、なるべく重ね着できるように
用意はしていたけど、まあそれほどでもなさそうかなー
と、新幹線の車窓から外を眺めていたら、盛岡に到着 
する少し前(北上・きたかみの辺り)で、ブオー、と 
大雪!急いで着られるだけ着こみました。盛岡は粉雪。
再会した友人と昼食をとっていたら、スノードームの 
中にいるかのような豪雪。前にきた時にはまだ開店して
いなかった背負子(しょいこ)のレナさんは関西出身 
なので、着いていきなり西の言葉モードに。*同じく、
そのあと行った仙台でも、そうでしたが。昼食後に、 
足元に気をつけながら散歩。わー、綺麗!と、コケない
ように気をつけないと!と、脳が忙しい感じ。    




東京で降る雪よりも粒子が細かい気がする。
片栗粉の感じだ。音響効果で、雪を踏む音を
人工的に作る時に、片栗粉を使うの、納得。



「お天気雨」のように、晴れているのに
雪が降っているのも不思議な感じが
しましたが、晴れている方が寒い・
放射冷却の話などお聞きしました。


 


雪まみれの木、美しい。




👻


 


行く場所、行く場所で「こんなに寒いときに〜」
(いらしてくれてありがとう、いらっしゃい)と
決まり文句のように言ってもらってました。 
外から見た事しかなかった岩手銀行赤レンガ館
の窓です。細かい雪がこんな風に雪だまりに 
なるんだあ、片栗粉っぽい、と書きましたが、
砂糖菓子とか泡とかのようにも見えます。  




そして、こんな風に"読めない"事もあるんだ(笑)とパチリ。



後日、建物の中にも入ってみました。




東京駅を設計した事でも知られる辰野金吾の建築。
ん?どういう事?と感じたのは1階のカウンターの
木の部分と石の部分のつなぎ目の「I」(アイ)の字
のようにも見える模様。初めは、石と木を繋ぐため
の楔(くさび)の役割をしているのかな?と思った
のですが、よく見ると真ん中で違う素材に変わって
いて、つまり繋ぐ役割をしていない・単なる装飾?
岩手銀行の「I」(アイ)??お出かけになったら、
探してみてください。             






展示されていた岩手銀行行歌のレコード
ジャケットも、ムード歌謡風で◎。  




つららだー



東京の家の下駄箱に、着脱可能なスパイクのようなものが
買ってあったので、冗談半分で持ってきたのが案外役立ち
ました。大股で歩かない、かかとで蹴ったりしないで  
平たく足をつく、というのをテレビか何かで見てたので、
私はペンギン、私はペンギン、と念じるように歩いてた 
ような気がします。笑。夜中に、次の目的地でお会いする
方のためにお土産を買いに駅まで行って、ふー、寒かった
なあ!外気温、何度だったんだろう?と調べるとマイナス
6度!でした。最大限に着込んでいたせいもあり、実は 
そこまで「寒う!」とはならなかったんだけど(案外、 
大丈夫かも)、「顔が冷たい」というのは初めての感覚 
でした。顔の寒さ対策と、コケないバランス感覚?だな。



写真の足跡は白鳥ではない(と思う)のですが、
雪に残る鳥の足跡も可愛かった。何の鳥だろう。




白鳥〜!東京でも、皇居のお堀などで、
数羽いるのは見たことがあるけど、  
こんなに沢山は初めて。       
数えたら28羽いました。       



みにくいアヒルの子」にあるように、
ヒナの時代はグレーっぽい羽根の色
だという白鳥、たぶん上の写真・右
の三羽は若いんだろうな。クチバシ
ってこんなに黄色いのかー!   




などと、写真を撮っていると「なんだなんだ、
エサ、くれるのか」と寄ってきて、しばらく 
すると「なーんだ」というかんじで離れて  
行くのが面白かった。無言の会話のような。 
*ちなみに、エサやりは禁止らしい、ですよ、
ご注意を!              





雪が降っていたり、


雪が止んだり、いろんな天候を経験できました。
*写真は同所、雪が降っている日と晴れの日。



川の水の色が不思議。春っぽい色?
冷たいだろうにプカプカ浮かんでる
水鳥のたくましさよ。      




なんか雪の写真ばっかりですが他にも色々出かけました。前に
盛岡に来たのは当時別の店名でお店をしていた方々の企画した
ライブの時だったのですが、CIY(チョイス・イズ・ユアーズ)
になってから初めて伺いました。すりガラスのような厚手の 
ビニールのカーテンが光を拡散させて、すごく絵になる。  





今回の旅は、グッと一気に北に:盛岡へ。
そこから仙台、福島県の三春へと徐々に 
南下するコースにしてみました。    



マイナス6度を経験した後の仙台の気温は、
ちょっと温く感じるほどでした。    




とはいえ、薄く凍った水も目にしました。
遠くから見ても、凍っていると「あれっ」
と分かるものなのだな。石が乗っかって 
いるし。ちなみにここは、写真がアップ 
すぎて何だかわからないですが、五色沼と
いう場所で、日本におけるスケートの  
発祥の地だそうです。         





仙台は私にとっては何となく、リトル・東京な感じ。
都会すぎて(?)どこを見たらいいんだろう、と  
ちんぷんかんぷんだったのですが、東京でも最近、 
よく出かける博物館へ。(東京の博物館は、年間  
パスポートを持ってまして→関連記事はこちら)。 
土器、「解体新書」!などなど、興味深いものが  
たくさんありました。              


これから(仙台の後に)行く、三春のお人形も
あって、手帳に描いてみました。旅の間に、 
いろんな人に手帳を見てもらう機会があった 
のですが、良寛の臨書で面白い発見も。   
詳細はこちら。平仮名で書いてあると思った
ものが、実は漢字だった…という話。  
*上の振袖のような衣装の方が三春のもの。 





仙台では、イトコと再会したり、画家の樋口佳絵さん
関連記事はこちら)、ともお会いできました。盛岡の
喫茶carta(カルタ)でも作品展をしてらして、2.22
(ニャー、ニャー、ニャー、で猫の日)に合わせて、
仙台でも雑貨店や喫茶店などでスタンプラリーを 
開催中。樋口さんの手による、店主の愛猫のポート
レートがスタンプになっているせいか、押して  
もらう時に、しっかり、綺麗におさねば!と、  
ものっすごく真剣な様子が猫たちへの愛だな!と 
思っていました。ちなみに右上のスタンプは盛岡の
cartaの店主宅の猫たち。ぷんこと、たーこ。   



仙台からさらに南下して福島県。郡山駅へ。
モンドリアンの抽象画のようなビビッドな 
色合いの電車、かわいいなあーなんて思って
たら、あれ?もうすぐ来るはずの電車、  
来なくない?え?あれ?次の電車は*分後?
…どうやら、何両編成、というのが東京の 
感覚(山手線、11両もある)とズレてて、 
短い電車に気づかなかったらしい。がーん。
営業時間に間に合わない!タクシーに乗る。




目的地は福島県・三春のin-kyo。長谷川ちえさんのお店。以前は、
東京の蔵前にあって(その頃のことや、取り扱い状況など、関連
するブログ記事はこちら)、今もカレンダーなどをお取り扱い 
頂いているのですが、この旅に出る前に「今年のカレンダー、 
売り切れました?(在庫状況をHPに更新したいので確認)」  
なんてやり取りをしていて、そういえば久しぶりに東北に行く 
ことにしたのよ、なんてチャットしていて、「…はっ!!   
三春に移転してからのin-kyo、行ってないじゃん!!」と、  
遅ればせながら気づいて、旅程に入れたのでした。      
元・美容院だったという建物が今はin-kyoになっていて、   
元・in-kyoだった蔵前の物件が今は美容院になっているという 
不思議に驚いたりも。in-kyoでお求めいただける辻恵子の   
ものは、他にもあるかもしれませんが:写真・右下のブック  
カバー(残数僅かでした、お早めに!)、それから、    



作品集「貼リ切ル」も2冊ありました。
お出かけの際は、是非是非。    




三春ではin-kyoの店主・長谷川ちえさんの御宅で夕ご飯をご馳走になったのですが
(上の写真はちがいます)、乗り換え失敗の緊張感や、最後の目的地に無事に辿り
着けた安堵感からか、眠気に襲われ、ご夫妻が料理してくださってる間ずっと、
授業中に寝る学生のポーズでしばし休憩。その直後、今回初対面だった旦那様と
おしゃべり。「東北で美味しいもの、何か食べましたか」と聞かれ、半分眠って
いる頭で「…スープ」と。「それは美味しそうですね(笑)」なんて会話。一杯
美味しいもの食べたんですー、というのが上の写真でございます。      




三春を離れる前に、ちえさんと記念写真。
SNSのせいか、久しぶりの感じがしないけど。




三春の名物、滝桜は「工事中」でした。これはこれで、なかなか
見られない景色だなあ。樹医さんがメンテナンスをして、春に 
備えるそう。三春という地名の由来は、梅と桃と桜が一気に咲く
からだと聞いたことがあるのですが、盛岡では梅がちょっと  
早くて、その次に桃と桜が咲くから、小学校の門のところには 
梅がよく植わっているなんていう話しをお聞きしました。   
東京では2月にもう梅が咲いているけど、4月にやっと梅なのか、
日本全国、時差はないけど気候の差はそんなにあるのか!と  
体感できた旅でした。                   




ちえさんのインスタグラムより:






長谷川ちえさん(@inkyonoengawa)がシェアした投稿 -

2019/02/09

「栄養と料理」3月号・連載「思い出の味」の題字を制作






女子栄養大学出版部の月刊誌「栄養と料理」2019年3月号は2/9発売です。 
連載「思い出の味」の題字を辻恵子が切り文字で制作しています。第回の
記事は、「ヒロシです…」の(??笑)ヒロシさんの記事です。    



栄養と料理 2019年 03 月号 [雑誌]
















2019/02/07

雑誌「婦人之友」3月号: 連載題字、上部飾りと挿絵






1月号から、連載の題字(と、その上部の飾り)を制作している
「婦人之友」3月号にも掲載されています。毎回
色が変わるようで、今月号は紫色です。




婦人之友 2019年03月号 [雑誌]









TASAKIのバレンタインデーWeb CMの絵と文字を制作









2019年2月6日より、TASAKIのInstagram(動画はこちら

と、Facebookページ(動画はこちら)で公開されている、
2019年のバレンタインデーのWebコマーシャル動画のアート
ワークと文字を辻恵子が制作しました。


静止画






2019年2月6日の投稿

(辻恵子・作の切り絵と切り文字が登場する動画)


*


2019年2月7日の投稿

(辻恵子・作の切り文字が登場しています)



2019年2月8日の投稿

(辻恵子・作の切り絵が登場しています)





2019年2月13日の投稿

(辻恵子・作のハートマークが登場しています)





2019年2月14日の投稿 - 1

(辻恵子・作のハートマークが登場しています)



2019年2月14日の投稿 - 2
(辻恵子・作のハートマークが登場しています)


アートディレクションとアニメーションは、伊勢丹のワインカタログで
お仕事をご一緒しているMinimalです。







LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...