2018/12/27

2018年を振り返る 〜 良いお年を!







2018年も残りわずか。今年も色々と(ってボワっとしてますね、展覧会に

いらしてくださったり、何かのメディアで絵をみてくださった方も)有難う
ございました。今年を振り返ると、まずは画業20周年の年でした。実は、
厳密にいうと、2018年11月に、初個展から20周年なので、絵描きとして
ハタチになったばかりのようなもの、来年2019年も、ほぼハタチです。 
…絵描きとしては!                        


一昨年・2016年は朝ドラ「とと姉ちゃん」の冒頭映像が放送開始され、

その主題歌で宇多田ヒカルさん!のミュージックビデオ「花束を君に」
の絵を手がけたりと信じられない・大きな仕事つづきで、その余波で 
多忙を極めていたので、意識的に静か〜にしていた気がする2017年、 
画業を始めてから初めて個展をしなかった年でもありました。    

2018年は、そこからムクムク…と、活動再開みたいなところもあり、

20周年の年だから個展はしたい、しかしひっそりと!こぢんまり!と
心に決めていました。CONTEXT-Sという、東京・阿佐ヶ谷にある  
古民家の一階の画廊で開催した個展「20」も盛況で、初個展の会場に 
似た雰囲気もあり、初心にかえれたような気分でした。       

企画の駒ヶ嶺三彩さんに感謝を。私たちは「ギャラリーみずのそら」と

いう画廊で知り合い、その画廊主だった小峰惠子さんが繋いでくれた 
ご縁というか、搬入搬出の時に彼女のお葬式をしたお寺の前を通って、
思い出話などもしていたこと、(彼女の命が)終わっても(意志を継ぐ
というか志は)続いていくような、同じように小峰さんのことを大事に
思っている人との仕事ができた事が嬉しかったり、最終日に彼女の  
ご子息が絵を購入してくださって、それが亡き母上の誕生日の日めくり
から切った作品だったというのも不思議でした。          





数年間、会っていなかった翻訳家の天野健太郎さん、お忙しい人だし

個展に来てくれたの、CORBの時(2010年)くらいかもしれないけど
20周年!って事で、もしかしたらいらしてくれたりするかな?と淡い
期待をしてご案内していたのだけど、11/12にお亡くなりになったと
後日知って、驚き、悲しかった。訃報といえば、2月には、料理家と
いうのか、料理研究家というのか、フルタヨウコさんもお亡くなりに
なった年でした。お二人とも、長生きして欲しかった。父よりも少し
年上の伯父も息を引き取ったし、死に至らなくても、同世代の友人が
早期に病気が見つけられて、対処して…という人や、闘病し始めた 
ばかりの人もいて、生きるとは?死ぬとは?とか、仕事にがむしゃら
になるのではなく生活を楽しめるくらいのバランスを保ちたいな、と
いうこと、病気や健康のこと、老いについて、看病や闘病のこと、 
見送ること、私自身、死にかけた事がある(ということは天野さんの
ことを書く上で必要にかられて?カミングアウトしたんだけど)ので
生きている間に何ができるのか、そもそも生きてるだけで凄い事なの
だからなあ、等々、多少、重たい主題についても考える年でした。 
 




樹木希林さんの影響(彼女の生き様、死について語ることをタブー視

しない格好よさ)もあるのかも。「モリのいる場所」「日日是好日」、
彼女が出演している映画を二本も映画館で観ました。       

#私は女優として生きているのではなく生きるために女優をしているの
だ"という言葉を、お亡くなりになった後に彼女の娘の内田也哉子さん
が話していて、格好良いなあ、と感じる。            

内田也哉子さんといえば、今年2月に、ご出演なさった映画(日本で
は未だ公開されてない?)「BLUE WIND BLOWS」が、ドイツの・
ベルリン映画祭に出品され、佐渡島でお会いした事がある兄妹が 
重要な役で出演していたのも(さらにいうと、オランダの友人・
ヒッテさんが関わる作品も同部門に出品されてたのも)「今年 
あったすごい事」の一つ。 → 詳細は、この記事をどうぞ。  






今年は佐渡には行きませんでしたが、 

佐渡の素敵な音楽グループ・     
婦人倶楽部の手ぬぐいも手がけました!






話を元に戻すと、個展で嬉しかったのは宇多田ヒカルさんのスタッフ
皆様からお花をいただいた事も嬉しく、活動再開後・初のコンサート
(アリーナでの)ツアーも御招待頂いて、まさか生で「花束を君に」を
聴くことができるとは、と、ミュージックビデオのチーム(映像作家
の小川純子さん、アニメーターの小中志展さん、映像会社・祭の佐藤
さんと絵描きの私・辻恵子)一同、感動ものでした。       
 

\ こんな面々が作ってました/




また、個展「20」の制作期間に、これは宇多田さんに差し上げたいな

と感じていた絵を、後日(小川さんと私の)お手紙と共に差し上げ 
られた事(お会いしておりません、お送りできた事)、嬉しかった。








なんだかんだで忙しく、プライベートな旅はゼロな年でしたが、初めて
仕事で旅をする(旅をするのを取材される)という経験をしました。 
雑誌「なごみ」の記事でした。イベント「紙博」2度目の参加直前に、
スケジュール調整して一泊二日の弾丸ツアーでしたが、あれは本当に、
たった2日の事だったのだろうかと思うほどに濃い2日間でした。   

\唐長のマダム、素敵だったなあ/




この旅では京都在住の作家仲間・ひろせべにさんとも

再会できました(この後、東京でも再会しますが)、



欧州旅の時にお世話になったユイ・キヨミさん、ミック・ネスさんとも再会
実際には離れた場所に住んでいても、昨日も会ったかのように自然に再会でき
て、まるで明日また会えるかのように「またねー」ってできる波長の合う人も
いる嬉しさ。ミュージックビデオや、朝ドラのチームも皆、けっこう久しぶり
の再会なんだけど、「おっ、元気?」みたいな調子だったなあ。笑。    






お仕事のことでは、今年は積水ハウスのWebコマーシャル「Slow
Living Story」の絵を、4月から毎月作っています。(現在進行形
でございます、1月分、しばしお待ちをー!)。        














今年1月からは、TIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)の

会員になりました。「一匹オオカミ」じゃないけど、一人で戦わ
ねばならないことも多いイラストレーター、団体に属するって、
どゆこと?と、まだよく分からない一年目でしたが、合同展での
集合写真(あ、これはTIS主催ではないやつですが、写っている
のは、多分、ほぼ、TIS会員)を見ると、いつもよりも和んだ顔
している自分がいて、ああ、同業者ってこういう感じか!と、 
新しい発見のようなものがありました。うまくいえないけれど。


【1/6まで、TISの合同展のために作った辻恵子作品が東京ミッドタウン

3Fのファーバーカステルで展示中ですよ!是非是非→ 詳細こちら


とりとめなく回想した2018年は、そんな感じです。みなさま、
どうぞ良いお年を。                   




2018/12/26

クリスマスカードコレクション2018









12/25:きつねうどん食べてクリスマスケーキ食べて、さっそくクリスマス
ツリーとリースを仕舞い、ホントの宗教色のないクリスマス、薄情だなぁと
思ってたらポストにクリスマスカード届いていて嬉しい。樋口佳絵さんのも
もすごいなぁ。右下のは大橋トリオので、開くと音楽が流れるもの。それに
しても、綺麗な手!右上は細山田デザイン事務所のもの。移転したらしく、
年賀状がもどってきちゃってた!と思いきや、同じブロックで引越しをして
下の階?をカフェや活版のスタジオにしたみたいです。気になる。    









積水ハウスのWebコマーシャルの絵を制作:「クリスマスにもってこいの場所」




2018年4月18日に初回が公開された、積水ハウスのFacebookページでの

Webコマーシャル「Slow Living Story」のアートワークを制作しました。
2018年12月18日の更新はクリスマスにもってこいの場所」。    

シリーズを通して公開されるオープニング映像は「Slow Living Story」の
活字から人物像などを切り出す"切り絵"で、月ごとに変わる本編は髪の毛・
顔などパーツごとに切り、貼り合わせて作る"貼り絵"で制作しました。




(1)2018年4月「幸せの最少単位」(2)5月「365日の記念日」 (3)6月「父の日
(4)7月「ひまわり」(5)8月「帰省」(6)9月「いろんな秋」(7)10月秋の名画
(10) 2019年1月「冬をさがしに


★YouTube(FB動画のプレイリスト):https://www.youtube.com/playlist..

このブログでの関連記事:tsujikeiko.blogspot.jp/search/label/sekisuifb 

















2018/12/22

Teej(ティージュ)のクリスマスギフトセットの絵を制作









東京・田園調布にある紅茶屋さん「Teej」(ティージュ)の
クリスマスギフトセットが入れられるトートバックの絵柄と
初めてパッケージにも2年前に同店舗のために制作した絵が
登場。(パッケージはクリスマスギフトセット限定です)。
プレゼント布とインクの色も、構成も違って、また違った、 
新鮮な印象です。デザイナーは渡邉朋子さん。      

数量限定、11/6〜12/2まで予約可能です。→ ★詳細はこちら








追記:実物が届きました!







右上の黄色い表紙のものはカレンダーです。
*辻恵子の絵ではなく、紅茶の写真が登場。


 






色々な人の元に届いているようで、嬉しいです




TEEJ Christmas GIFT2018 今年も入荷してます。 christmas限定SET カングラティー・キャラメルカスタード の紅茶に 切り絵作家・辻恵子さんデザインのトートバッグ 2019カレンダー付きです。 数が少なくなってきましたのでお早めにお買い求めください。 TEEJの紅茶は開店当時からお取り扱いしている、しっかりと茶葉の香りと風味がするお品です。 カングラティはダージリンにも似た渋みのある茶葉でストレートは勿論、 店頭ではフルーツティー としてもお出ししている紅茶です。 キャラメルカスタードは甘みのあるアッサムの茶葉にキャラメルカスタードのフレーバーを付けたミルクティーにピッタリな紅茶になってます。 #ティージュ #christmasギフト #キャラメルカスタード #カングラティ #宮崎カフェ
kimikunugiさん(@kimikunugi)がシェアした投稿 -






2018/12/21

カラスのパペットにチョッキ






12/21:小さいクマのぬいぐるみ用のチョッキを売っているのを、うちの
小さいクマのぬいぐるみに?と買って帰るもサイズが合わず、オランダで
った(けどメイドイン英国の)カラスのパペット・マリアカラスさんに
着せてみた。誕生日に合わせて数字が刺繍されてるんだけど、今年は私、
画業20周年だから20にしてみました。                

2018/12/19

水彩で描きまくる日







12/19:前の日に喫茶店で読み込むつもりだった文章を整形外科の待合室で
読了。重いものを持ったせいか今までにない痛み。骨は大丈夫だった。 
レントゲン写真で自分の骨を見つつ、前にここで撮ったレントゲン写真が
2016年の朝ドラ「とと姉ちゃん」の冒頭映像の絵を必死に作っている最中
に、階段でコケそうになったんだったかぶつけたか、足の指の骨、折れた
かも〜(泣)と思った頃(ブログにはインフルエンザで寝込んだことしか
書いてなかったか、この時期)のものだった。懐かしかった。     

大事ない事がわかってホッとして帰宅後、ラフをウワーッと描きまくる。
むっちゃ可愛い、と自画自賛しつつ。人ごとみたいに、へーこんなの出て
きたわー、って思うの、「画家あるある」なんだろうか。どうなんだろ。
普段は切り絵か貼り絵が多いけれど、水彩画も楽しいなあ。年内にバトン
(アイデア)を渡したいから、「途中までしかできないかもしれませんが」
と自分で言ったことに「それはアカン」と、後半、朦朧としながら仕上げ
をした。次の日の打ち合わせで、音符のつもりで切ったものを指し「えー
っと、これは…」「音符です!スミマセン!」なんて会話も。出来上がる
頃には笑い話になるだろう。長いスパンのお仕事、まだまだ先の話。  














2018/12/18

ティーハウスの思い出、最後の訳書のサイン本





12/18:よーし、お仕事をするぞ!と喫茶店へ。神保町のティーハウスタカノへ。
結局、仕事を進めるのに必須のものを忘れてきてしてしまっていて(後で取りに
戻って)、純粋な休憩時間になってしまった。この場所は私が初個展をする前に
絵を依頼してくれたオランダと日本のカップルが、出来上がった絵の箱を開け、
わあ〜!とキラキラ輝くような笑顔を見せてくれた場所。まだ何をする人になる
のかハッキリしない時期に、"ああ、自分の絵でこんなに喜んでくれる人がいるん
だ!"という画家としての原体験をした場所なので、うん、うん、そうだった、 
あれから20年経ったってことか、と思い出していました。彼らの存在があった 
から数年前にオランダに行くぞ!とも思えた。親しい友人などには話していたの
だけど、その強烈な(嬉しかった)思い出があったので、その喜んでくれていた
人のうちの一人が若くして亡くなったあと、悲しくて立ち寄れない場所でもあり
ました。そんな風に引きずって避け続けるのもどうかな、と、何年も経った後に
ふと、ちゃんと座って(茶葉を買う、くらいはあったのですが)お茶を飲んで 
みようかな、と思い立ち実行に移した日に、「あの思い出の場所の、同じ席で 
やっとお茶を飲めたよ」と遺された方にお伝えすると、それが、本当に不思議な
ことに、その人の命日だったことも、私が体験した不思議な経験の一つ。きっと
「思い出してね」とか、「もう、いいから、ここでお茶飲んでみて」とか、もう
この世のものではない存在が時を超え、国を超えてやってきてくれたのかも、
と温かい気持ちになったっけ。(ちなみにこの日は、その席は空いておらず、
別の席でフルフルと儚げに揺れるババロア頂いていました)。       





ティー・ハウス・タカノに入る前に、すぐ隣の、東方書店という中国関連の
書籍を扱うお店を入り口越しに覗く。ツイッターで、先月お亡くなりに  
なった友人・天野健太郎さんが最後に訳した本の著者・呉明益さんサイン本
があると知っていたの、この本は何となく、電子書籍で買おうかと思ってた
のだけど、あっ!まだある!ラスいちかな?なんて衝動買い。呉明益 2018
東京、の文字が切ない。実はこの日、次の読書をどれにしよう、これかな?
と、天野さん訳で、天野さんが翻訳家になる前に企画リストで拝見していた
「台湾少女洋裁に出会う」をカバンに忍ばせていたんだけど、うーん、次に 
どれを読もう?と、未だ決められずにいる。(これを書いているのは12/26、
前の「積ん読を減らすぞ週間」で読了したのは大貫妙子さんの御本)。  





大貫妙子さん & 天野さんといえば、昨日(これを書いてる前の日、
12/25)仕事の資料を探すべく、ガサゴソやっていたら、ヒョイっと
こんなのが出てきた。私が死にかけた時にお見舞いで頂いたCD、 
そうか、大貫妙子さんの「UTAU」もあったのか、と。それと、  
メールだ、メッセンジャーだ、ラインだと活字でのやり取りが多い
昨今だけれども、手書き文字の存在感ってあるなあ、とも。   









LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...