2020/02/27

しんどい時に見る美(味)しいもののチカラ




2020/2/27:新型肺炎(COVID-19)の感染拡大防止のため、と
いうか自分がうっかりウイルスをもらってきてしまって家族に
うつしてしまって深刻な状況になったらと思うとウカウカ外出
出来ない気分になって、自宅で自衛。これは一体、いつまで 
続くんだろか。花を買っておいて良かったな、と、しみじみ 
思う。少し前に(→この時)多少余裕がないとアートは純粋に
楽しめないのかも、というようなことを感じたばかりだけど、
しんどい時に実感する、美しいものの持つ浄化力を想ったり。

         *ちなみに、ラナンキュラスという花です



それから、美「味」しいものも。最近、料理ばかり
している気もしますが、それなりに満足感があり。
美味しいものを食べて栄養つけて、免疫力を上げる
ことだってできるかも?しれない。出汁をとったり



…飾り包丁のついでに、「K」を入れてみたり。
私の名前:恵子のK?シイタ「K」?美味しく、
美しく(楽しい盛り付けだとか)、そんな事を
試している今日この頃です。絵の作品も、個展
に向けて作らないといけないんだけど。   

2020/02/25

CD付き書籍の最初の挿絵:桃のつぼみ





2020/2/25:今日届いた桃の花、の、つぼみ。1月に
出た本の、最初のカラー挿絵で作ったモチーフだ。
出版社のFBページでも紹介してくださってました。








株式会社 福音館書店 発売日 : 2020-01-08



2020/02/22

フリマ・GSSへ





2020/2/22:けろさん主催のフリマ・ガレージセールショー
最終日、ちょろっと覗く。橙灯の飲み物と、バナナケーキ(最後
の一つだった)を買えた。御近所さんとバッタリ会えて、車で
帰るとのこと、途中まで同乗させていただく。新型肺炎の事で
交通機関に乗るのも怖くなってきた感じもあったから、ほっ。








2020/02/20

人生・二度目の寄席へ






2020/2/20:池袋演芸場へ。人生・二度目の寄席。
最初に行ったのは学生時代、恩師と、一緒に卒論を
見てもらっていた学友と三人で姦しく?新宿の末廣亭
に行ったのでしたが、その時に涙が出るほど笑った
覚えがある、桃太郎さんが出ていいて嬉しい驚き。
奇術はアシスタントがキラキラのボディコン(?)
を着ていてドラマ「TRICK」(売れないマジシャン
山田が主人公)を思い出したり、老いを隠さずに 
舞台に立つ漫才・東京丸(あずまきょうまる)・ 
京平さんたちも強烈だった。知らなかったので、 
出てきた時に「おじいちゃん…!!」と驚く。  



演者が変わる時に出てきて、座布団をひっくり返し
次の人が出てくる準備をする前座さん?の所作も、
寄席文字も格好良い。最後まで観られたらとも  
思ったけれど、途中で出て、会食。新型肺炎   
(COVID-19)関連の話、多め。会食も怖いとは  
聞いていたけれども、まだ少し余裕があった頃。
          *後日(3/9)書いています。

2020/02/18

CD付の書籍「歌声は贈りもの」の絵や文字を制作









2020年1月8日〜10日頃に福音館書店から発売のCD付の書籍
「歌声は贈りもの〜こどもと歌う春夏秋冬」の装幀画、題字、
挿絵を辻恵子が制作しました。カラーページは貼り絵(パーツ
ごとに切って貼り合わせた絵)、白黒ページは切り絵(一色の
紙に穴を開けて作ったもの)で約50点、手掛けています。




*関連ブログ記事のトップに来るように投稿日を変えています。発売日は2020年1月10日です。
















表紙








裏表紙










帯がある状態、表紙。帯があるのは初版だけのようです。
(重版すると良いけれど!)(お早めに)。  










カバーを外したところと、背表紙








CDの盤面と、扉ページ




中身もちらり



カラーページは貼り絵(パーツごとに切って貼ってあるもの)、


白黒ページは切り絵(いわゆる切り絵というか、
一色の紙に穴を開けて作るタイプのもの)です。













2020年2月16日、沖縄の新聞「琉球新報」に
関連記事が掲載されました。→ 詳細はこちら





制作風景は、こちらにまとめてあります。








株式会社 福音館書店
発売日 : 2020-01-08








2020/02/16

「琉球新報」に、CD付き書籍についての記事掲載





2020年2月16日、沖縄の新聞「琉球新報」に、私・辻恵子が
約50点の絵や文字を手掛けたCD付の書籍「歌声は贈りもの
についての記事(著者、白井氏の取材記事)が載りました。


沖縄の曲(赤田首里殿内)一曲入っているのです。
新聞に掲載されたのはカラーページの、耳をつまんだ
少年ですが、同曲の白黒ページには弥勒、みるく様の
絵も。そちらは本で、是非ご覧ください。      



株式会社 福音館書店 発売日 : 2020-01-08




2020/02/13

西荻満喫デー(ランチ〜個展会議〜散歩)






2020/2/13:新型肺炎で、なかなか気軽に出かけられないなか、
個展(@HATOBA)の案内状のデザイン会議に西荻窪に行く事に
なって、近隣にアトリエを構える作家仲間たちに声をかけたら、
思いがけず西荻窪満喫ツアーのような一日になりました。   

新潟・佐渡島でのイベント「ハロー!ブックス」もご一緒した
いぬんこさんのアトリエ、ほんの少し覗く。ドアに貼られて 
いたキャラクターはNHKの・朝の子供番組「シャキーン!」の
キャラクター。思わず「かわい〜」と、思わずホッペを触って
しまう可愛さ。実は私も、「シャキーン!ザ・ナイト」という
夜に放送されていた同じ番組で数回(切り絵を作る手元だけ)
出演したことがあって(画像ないですが詳細はこちら、2009年
のことだそう)、その時もエンディングなどに、いぬんこさん
の絵が登場していて。作者・本人同士が出会う前にお互いの 
作品は同じ番組で"共演"していたのでした。        

いぬんこさんと、久しぶりにというか二人での食事は初めて 
だったかも?ランチをしつつアレコレおしゃべり。個展を  
する予定のHATOBAの近くサジロクローブでカレーをば。この
お店に来たのは二度目で、前に来たときは、ギャラリーみずの
そらという素敵な画廊での→初めての個展(→関連記事)を 
したときに、今は亡き友人(翻訳家の天野さん)と功刀さんと
三人で何か食べよう、でも店を知らないな?と話していたら、
フミヨさんがオススメしてくれたんだった。…と、感傷に浸る
でもなく、打ち合わせまでの時間、美味しいだなんだと喋る。




はっけよーい

まだ発売されていない(3/16発売)だけれども: 

もうすぐ、こんな可愛い絵本もでるそう!楽しみ。




ランチを終えて、じゃあまたねーと別れてから、徒歩
1〜2分で個展会場のHATOBAに着。サジロ(カレー
を食べた店)から、HATOBAに行くまでの小さな橋・
関根橋は朝ドラ「とと姉ちゃん」の仕事の第一報の 
電話をした思い出の場所でもあります、ちなみに。 
その日の記録?はこちら)。話があちこちに飛びます
が、今年の5月に個展を開催予定の(肺炎関連で、
会期が変更にならないといいな…)会場・HATOBA
の外観はこんな感じ。服飾のお店・SUTOAの二階。


落ち着いた空間で、お客様たちも個々に静かに
自分の時間を過ごしている感じが良いです。 

 


物販もいろいろ。リトアニアの陶器の鳥笛可愛い。



カレーの後は(チャイもついてたんだけど)
コーヒーを欲して、私も一杯、頂きました。

5月の個展、4月に参加予定のイベントで
チラシを配布して、と思っていたのだけど
その前に3月に別の催しが入ったから、 
可能ならその時に出来ているといいな、と
早めに進めていたのですが、新型肺炎  
(COVID-19)の感染拡大防止のため、多く
の催しが中止に追い込まれたのの一つに
なってしまって、もう少し(チラシ作り
のこと)ゆっくり進められそうです。 



会期も、どうなるか(延期にならないといいのですが、
というか、いつ収束するのか、先が見えなくてツライの
ですが…)分かりませんが、この日「よしっ!会期は 
これで決定!」と決まったのは5/16〜25です。*もしも
変更あればまたお知らせしますね。*3/9に書いてます




打ち合わせの後、鳥の画家・ユカワアツコさんと合流して、
テクテク散歩。初めて善福寺公園も行けた。素敵!    



ユカワさんちの猫・ハチさんにも再会。可愛いのう。
抱き上げたら「やーん」みたいに抗議されるも、
膝に乗せてナデナデしてたら、一度立ち上がり、
くるりと回って自分の具合のいいポジションに 
「よいしょ」。帰り際に靴に匂いづけしてくれ 
ました。人間にはわからない"匂い"だけども。







2020/02/12

個展のデザイン会議の準備〜久しぶりの銀座へ





2020/2/12:次の個展の案内状のデザイン会議のために、
少し前に作っておいた切り文字をスキャンする。



文字は台紙に貼っていないので、スキャンするときに
「辻恵子」が「子恵辻」、「2020年」が「年0202」など、
バラバラになってしまった。笑。後日、告知用に文字組
し直したのは、こちら。コロナの一件で、会期変更に
ならないといいのだけれど・・・。       





一仕事終えて、久しぶりに銀座へ。マスク姿で。



資生堂ギャラリーで諏訪彩子さんんの展覧会へ。今回は
新型肺炎のウイルスの警戒感がまだある中、不特定多数
の人たちが触ったドームを触る怖さや、その後に、ある
ものを口に入れるということ(直前に手指を消毒させて
貰えるのだが、個室に入るま消毒させてもらえるのか 
どうかも、わからなくて少々、不安だった)…、等々が
作品世界に入るの邪魔する感じがして、そか、アートは
余裕があってこそというか、「生き死に」に関わる事
怯えているような状況では充分に味わえないのかも。 




帰り道、銀座のイッセイ・ミヤケのウインドウで:
ジュディ・オングの「魅せられて」の衣装のように
裾を広げる動きをしていて面白かったです。   




LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...