2017/03/07

切り文字制作:考える=サムライ?






次の日の打ち合わせに備えて、「考」という文字を作る。「土」
と斜め線のところと、下の部分を別々に作って、合わせるか?と
やってみて、んんん、これは一発でやろう!と活字の「考」を 
じっと見ながら、ウワッ!と一気に切りました。とはいえ、  
やり直しのきかない(印刷物から人物像を切り出す、私の)  
切り絵と違って、切り文字を作る時はデザイナー的な脳で、  
一度切ったあと、微調整・微調整をするのですが。文字を作る時
ゲシュタルト崩壊というか、漢字を見た事がない外国人のような
気分になってきます。「考」という文字を作りながら感じていた
のは、背中に刀を背負ったサムライのようだわ、という事。  
考える、はサムライだ!とかなんとか、他の(ゲシュタルト崩壊
してない)人たちには意味不明なことで感動していました。  




ちなみに「方」という文字は、こんな
ポーズの人のように見えていました。




一つ仕上げてから、先日(→ 製作風景こちら
作ってから、しばし「寝かせて」おいた文字を
台紙に配置しました。再構築。       


0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...