2017/12/11

マリメッコ展、巨大ミルキー?と、銀座の天使






12/11:東京・銀座のggg(銀座グラフィックギャラリー)での
マリメッコ(フィンランドの洋服やテキスタイル・布地の 
ブランド)の展覧会を見にゆきました。         




マリメッコ展が開催中だということは、学校の先輩
「クサカベ」さんが、インスタでアップしていて知った
のですが、ポスターにもなっているこの布の端に、
タイトル(「桜の花の雨」という意味、「キルシカン
クッカサデ」)「KIRSIKANKUKKASADE」見て、
えっ!クサカベさん?マリメッコの仕事を?したの?
すごっ!と、二度見してしまった。違いましたが。 
マリメッコというと代表的な花の模様などのイメージ
だったので、こういう線画のものもあるのだという 
こと、新鮮でした。同じく銀座にある月光荘にある、
ちょっとレトロな線画の絵葉書などを連想してた。 




また、パターンの原画が切り紙で作られたものも
展示されていました。三重県の「伊勢型紙」と 
いう染物に使う型紙も、言い換えれば切り絵? 
切り紙だし、切った線と描いた線の特徴の   
違いってなんだろうな?潔さ、かなあ?などと 
答えもなく考えてました。*ものすごく話が逸れ
ますが、同日の夜に女性のお笑い芸人の頂上決戦
的な番組をやっていて、私も面白いなあ!と注目
しているピン芸人「ゆりやんレトリバァ」さんが
優勝した時のコントで、先代・大山のぶ代さんの
声真似のドラえもんに扮した彼女が、「僕なんか
毎日答えのないことやってるゾ」というセリフが
哲学的だった。お笑いでいくら一生懸命ボケても
つまんないと言われかねないように絵も「どれが
正解」なんて、ないものなあ。写真のように描け
たら素晴らしいってもんじゃないし。何が人の 
心に響くのか、響かないのか、笑えるのか、笑え
ないのか、全然ジャンルは違うけど「わかるー」
と、なりました。              



曲線と直線。いいわあ。うっとり。
会期中にもう一回行こうかなー。 



帰り道に、ふと甘いものを食べたくなって、
不二家へ。「ミルキーはママの味〜♫」の、
あの飴が巨大になったような素敵な包みの 
ロールケーキを買って帰りました。    



帰り道、銀座の天使もクリスマスモードでした。
この子は、私が手がけた銀座をテーマにした  
手ぬぐいにも、こっそり(?)登場しています。
↓  *******************

         








0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...