2015/05/28

取材に向けた片付け、オランダ人作家達の作品を壁に架ける






\来客あると片付けするからイイわね。来客なくてもキレイにできてたら、もっといいね。/


             /うぐぐ・・・\(ようさんウサギに押しつぶされてる猫)




明日、久しぶりに家に取材が来るのです。二人展の準備で、あれこれひろげたものを
一気にあちこちに収める作業。あれ、切り絵が落ちている・・と思ったら本物の人 
(の写真、バレリーナ)だった。封筒は明日使うかもしれないものだから分けておく。







欧州旅のみつけたものも、お見せするかもしれないから、と整理する。
これは、フランスのランスにある、ルーブル美術館の分館で手に入れた
絵本です。ネズミとクマが美術館を探検するお話。オランダの美術館 
では、奇しくもサルとモグラが美術館を巡る絵本(by ヒッテさん)を 
頂いたなあ。英語だから読めました。フランス語も分かったらいいな。
展覧会にお声がけくださったル・プーライエ画廊主のパトリックさん、
お元気かなあ。なんて、思い巡らす。*そしたら、数日後にハガキ  
ありがとう、との写真を送ってくれました。ホクホク。二人展の  
案内状を送ったのでした。遠いけど、見て欲しい人もいるのです。  
手紙には、そういう、届けるうれしさがある。           



追記;                            



「Cut!」の案内状をフランスでお世話になったパトリックさんにお送りしたら、
私がメロメロになったゼゼットさん(画廊の庭に現れるニャンコ)の    
写真を送ってくれました。見てたいのでiPadの画面に…。Merci, Patrick!   




さ、お掃除・お片付けのつづき。ずっと、置いて飾っていたマールチェさんの絵を
壁に架けることにしました。先述のパトリックさんの画廊で、いっしょに作品展を
したオランダのアーティストです。ついこのあいだ、この絵にタイトルはあるの?
なんてやりとりをしたばかりなのに、なんと、タイトル裏に書いてあったよ・・。
そういえばサインいれてくれたっけ、目の前で。と思い出す。マールチェさんの 
作品と、彼女の所蔵品(この作品と交換した、私の作品3点を含む)展覧会が、今
アムステルダムで開催中です。会期中にご旅行の方は是非ごらんくださいね。  






じゃーん、こんなふうに飾りました。左がマールチェさんのコラージュ作品、
右の白黒写真は、バルトークの恋人だった?バイオリニストのポートレイト 
です。大人になってから、小学生用の伝記を読んだときに、佇まいにひかれて
拡大コピーしたのでした。ものすごく長いこと、飾ってあるものです。   





フランスにあるパトリックさんの画廊まで、車で一緒に行ったユーディットさん
(マールチェさんと映像作品を共作した、彼女自身もアーティスト)の作品も、
飾りました。右下の、ウサギの絵の入った紙のチョウチョです。その上は、 
大好きなジェーン・グドール博士です。その隣の隣はCORBでの展覧会のときの
写真。…なんて、部屋に飾ってあるものにはあれこれ思い出や物語があり、  
明日くる取材陣(?編集者さんたち)・「はじめまして」の方にお見せするのは
気恥ずかしいような、まあインテリア特集ではないにせよ、彼らが記事で載せる
写真にはちょこっと写る可能性だってあるのであって、不思議な感じです。  
何の取材かは、数カ月後?お知らせしまーす。               






0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...