2016/02/23

出光美術館〜画廊巡り、花が頭からハナれないハナシ ✿







数日前の東京国立博物館に続き、無計画美術館入館。
地下鉄の駅で見かけたポスターに導かれ、多分初めて
出光美術館へ。静かで、ほの暗く、皇居が見渡せて、
品のいい美術館だった。また来よう。       




展示されていたのは、肉筆画の美人画が
メインでした。ポスターにもなっていた
この勝川春章の作品はちがうけれど、 
展示されていた日本画の美人画の多くは
背景が無地のままで、それは私の切り絵
作品や貼り絵作品にも言えることで: 

(上の画像:気になる二人を切り出してみました)
(下の画像:左は切り絵、右は貼り絵の作品です)


 

描く対象物意外を無地にして、余白も楽しむのは日本人的と 
いうか、日本らしさなのかな、などと感じる。       




はじめに入った展示室でスケッチしたのは、
宮川長春みやがわ ちょうしゅん)だった。
 あ、いいな、と見るだけでいい絵もあるし、
描きたくなる絵もあるし、その違いは何だか
わからないけれど、           



右側の絵は(絵葉書を買いました)、なんだこれ
すごいなあ。と描いてみて、うまくいかず(笑)
展示室を出る前に、あ、アノ絵はどなたの作?と
名前を確認すると、じゃーん。喜多川歌麿!流石
だなあ。この絵のよさを写すなんてムリだよー。
たっぷりと結い上げられた髪、細い身体、足元に
衣。エミール・ガレのガラス作品(出典はココ
を連想して、ジャポニズムだとか、日本美術の 
影響で「あの形」ができたってこともありえる 
よなあ、とさえ思ってしまう。        





出光美術館は無計画に入ったのだけれど、 
今日はエルメスのギャラリー(Le Forum) 
が目的地でした。シャルル・フレジェの  
写真展「YÔKAÏNOSHIMA」。展示作品も  
興味深かったけれど、雪国の写真の展示室に
入ると、足元の敷物が毛足が長い化学繊維?
なのでしょうか、雪の上を歩いているかの 
ようなキシキシ感?ザクザク感?が面白く、
印象的でした。昨年秋に同所で見た展覧会
素敵な冊子も頂けて、ほくほく。他の画廊も
巡ってみるもgggは改装中。チョコレート店
の店先に、ウサギ。イースターかあ。これは
日本に根付くのかなあ。どうなのだろう。 





Wi-fiを使いたくて、ソニービルの上階へ。  
エレベーターのボタンがすごく大きくて愉快。
無料で入れるシアターでは今、音楽の映像を 
流していて、私が着いたときには電気グルーヴ
のライブのようすが観られました。ラッキー。



進行中のプロジェクトの制作の終盤に、YouTubeでよくこの曲を聴いていた。 

(後日追記:プロジェクト=連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のことです)。  

自分が作っている絵と共演(?)をする曲も脳内再生していたけれど、音源が 
なかったので、その後「お世話になりました」気持ちを込めて、このビデオ 
の曲も入っているアルバムをポチッとiTunesで購入したっけ。このPVも凄い。 

(そして、後で思い返せば、電気グルーヴのピエール瀧さんも「とと姉ちゃん」に
ご出演なさっているのです、主題歌・宇多田さんへの微かな罪悪感、払拭:笑)。

80年代の美意識や要素が詰まっている!…で、進行中のプロジェクトといえば…
   ↓




駅で花の模様を見て、私が作った絵にも似たような 
花の形がキーアイテムとして出てくるので、反応して
しまう。今日は休日!と通りすぎ、いや、やっぱ、と
戻って、撮る。すっかり花に「オブセストだな。頭
から離れない。デッサンを描く時のように、いっかい
はなれて、頭をクリアにしたほうがいいな。今は、 
アニメーターが頑張って私の絵を動かして下さって 
いるところ。仕上がりまで、あと少し(?)です。 
がんばれ、Sさん!               
 
✿ ✿ ✿




0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...