2015/12/26

雨粒とケーキと猿の笑み






12/24、家での作業デー。前日作ったばかりの切り文字のデータを
仕事仲間にお願いしたのだけれど、年末だしきっと数日かかるか
と思っていたのに早速一晩で仕上げてくれた。ので、今日はその
データをつかって、レイアウト作業。息抜きに少しだけ外の空気
吸いに出たら、雨粒が葉っぱの上にコロン、とガラス球のように
うつくしく輝いていた。                  



ケーキを食べる日、おめでとうございます。
黄桃、さっぱりしていて美味しかった。  
年賀状の代わりにクリスマスカードを   
下さる方々もいて(ちなみに日本人で)、 
モデルのマリさんのカードに見とれる。  



クリスマスカードを年末に送る人、
年始に年賀状を送る私、旧正月を 
祝う人、ハヌカーだってあるし、 
ああ、このタイミングで祝うんだ、
この国の人は、って双方で思って 
いるのかもね、と海外への年賀も 
したためる。52円切手に一枚加える
だけでよい差額用切手、今年は  
ラーメンとスキヤキだ。もう、忘れ
かけてたけど今年は寿司&天ぷら



封筒で送りたい人(会社の方とか)も 
いらっしゃるか、と82円切手も買いに 
出かける。目の下の赤いトコは鼻かも 
しれないけど、私には口に見え、少し 
不敵な笑み。これを買いに出かけたのが
今年のクリスマス・イブの短い外出。 
せめてクリスマス色を、と赤い帽子と 
緑のマフラーを身につけて。     




国本武春さんがお亡くなりになった、
というニュースに驚く。まだ、55歳。
江戸文化は「分かるやつにだけ、  
分かりゃぁいいんだ」という渋いのが
多い中、上方(かみがた)の浪曲は 
月面宙返りのようにコロコロこぶしを
まわしたりしてエンターテイメントな
かんじなのだ、と町田康さんとの対談
番組で仰っていたのが印象的だった。
安らかに。            








0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...