2014/03/30

色えらび・ロマンティック・ウイグル






 今日は長野・バナナムーンでの個展案内のデザイン作業をしていました。
星や月が登場する絵なので夜のイメージで、原画と同じ黒背景で進めて
みたけれど、試しに出力してみると、色が寂しいかなあという印象。 






前に同じ会場で個展をした時の案内状は黒背景だった。
ぴりっと決まったのは、鮮やかな色の切り絵だったから
なのだ!と理解する。*デザイナー:辻恵子(経験浅)
「う〜ん、では、どうしよう?」から〜の:      





そうだ、穂高有明にあるバナナムーンだよ。(昨日のブログ記事参照)
"有明の月"(明け方のお月様)だよ!有明のバナナ月の頃の色かな。
なんて、路線変更中。目下、少し春らしい、あけびみたいな色に  
なっます。「あ〜、あけび食べたいな〜」なんて夢想しつつ作業。
ルマンドでもいいけどね。                   




追記
こんな色です



辻恵子展「日めくりの日々」(長野会場)
・4月24日(木)~5月27日(火)*水・休





ちなみに前回の個展案内状(写真・下)は、"さらしあん"っぽい 
美味しそうな色でした。画面上で見るともう少し強い色だけれど 
マットな紙に刷ってもらって、出来上がりは、さらに、さらしあん
でした。笑。(ちなみに台紙の本名は英国風の洒落た名前→) 









ずっと画面に向かってるのも不健康なので、用事がてら本日初日の 
宇都亜紗子さん()の展覧会 @ nicoの小部屋()へ。小さな 
小さな自分の絵に接した後の宇都っこの大きな絵。リフレッシング。

「へー、ほんとにウルグアイいったことあるんだね!」「いやいや、 
ウイグルだよ」と。てへぺろ。こんなに離れてた。        

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...