2018/04/01

羅介と辻恵子の二人展:6/3〜10は三重県・伊賀市に巡回








初めての叔父との2人展を開催します。三会場を巡回予定。叔父は絵付けの作品を、私・辻恵子は、
朝ドラ「とと姉ちゃん」の冒頭映像、絵本「かげはどこ」の原画の貼り絵作品(パーツごとに切って、
貼り合わせて作った絵)と、印刷物などに元々ある色を活かしてハサミで人物像を切り出す、独自の
切り絵作品を、旧作を中心に27点展示予定です。ぜひお立ち寄りください。切り絵作家としても活動
してきた叔父の出品作は絵付けの作品のみですが、切って何かを作れる、ということを頭の片隅で 
知っていたのは叔父の存在があったからだと感じていて、初めて一緒に展覧会をできること、とても
嬉しく思っています。名張・堤側庵ギャラリーでの会期は終了し、6月に伊賀に巡回します。その後、
もう一会場に巡回予定です。詳細は後ほど。                          



追加情報:伊賀市に巡回します!

***************************

羅介・辻恵子の二人展

会期:2018年6月3日(日)〜10日(日)*6日(水)休

時間:10時〜18時 *最終日は16時まで

会場:ヴァインケラーハシモト

住所:三重県伊賀市東町2938-1



★関連記事(叔父の作品が見られる記事も含む):


***************************









会期終了した展覧会

「羅介・辻恵子の二人展」羅介の染付器てん・辻恵子作品展
会期:2018年2月23日(金)〜28日(水) 堤側庵(ていそくあん)ギャラリー
〒518-0611 三重県名張市新田(しんでん)8
電話:0595-65-3002      、FBイベントはこちら

★下の写真は、堤側庵ギャラリーでの展覧会風景です★




叔父の絵付け作品。招き猫や



猫まみれのお皿もありますよ




私の展示室



案内状に登場した作品その1



その2。この作品は、秋の個展の案内状に登場する予定です






朝ドラ「とと姉ちゃん」のオープニング映像や、
絵本「かげはどこ」の原画のほか、



原画を見比べられるようにDVDのケースも並べてあります。







切り絵作品も



「このハサミで切っています」


叔父の作品は、削ぎおとされた線のものだけでなく・・




ぎっちりと描き込まれた迫力のあるものもあり
その対比が面白いです。それに注目して欲しい
のは、その裏面。持っている人だけが楽しめる
密かな楽しみ?是非会場でご覧ください。  









ダイジェスト動画







会期前の投稿、会場のこと、叔父のことなど



会場は、三重県・伊賀を代表する工芸品の一つ「組ひも」
(くみひも、着物などに使う、しっかりと編み込まれた紐)の
工房。どっしりと、とても趣のある外観、中は美術館の
ような展示室です。                




こんな外観です。叔父に電話でお誘いいただいた時、「会場、広いの?」と聞いたら
「んもう〜、広い広い!」とは聞いていましたが、これほどとは!と驚きました。
*ちなみに、入り口右側部分だけがギャラリーですが、中は美術館か!と思うほどの
展示室(大きい方)と、そこよりは小さいにしても十分広い展示室があり、私は
"十分広い"展示室の方で作品を展示予定です。                


大きな方の展示室、こちらです。 





叔父・山本高史の絵付けの時のアーティストネームが
羅介(らかい)です。これは、数年前に撮った作品。


 

叔父の作品、今回は絵付けの作品がメインですが、山本高史としての
切り絵作品でも知られています。ライフワークとも言える、瓦屋根の
シリーズの作品は圧巻です。また、東北の銘菓「かもめの玉子」の 
パッケージの商品名の書も、彼の手によるもの。大幅にパッケージを
リニューアルするときにデザイナーとして私の父が関わりました。 




0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...