2018/05/12

SINA SUIEN 秋冬衣服新作発表会「こしょろがみた夢」へ




5/12、つづき銀座で画廊をハシゴした後、浅草橋へ。
SINA SUIENの秋冬衣服新作発表会「こしょろがみた夢」
@ CPK Galleryへ。暗い空間で席について目にした光景が、
油絵のようではっとする。手前の少女たちは、カード
ゲームをして、きゃっきゃしている。奥に座っている
のはモデルの高橋真理さん(→ HP)。前に一度
だけ(諏訪綾子さんの企画 @伊勢丹で)モデルとして
人前に立つ彼女をみたことがあり、今回は2回目で、 
プロの方のファッションショーを体感したのは初めて。




一般公開の昼の回に、予備知識もなく伺ったのですが、
SINA SUIENの秋冬、今回のテーマは、大まかに書くと
数百年前、鎖国政策の栄養で、国外に追いやられた  
混血の十代の少女(こしょろ)が、バタビア(現在の 
インドネシアはジャカルタ〜オランダ統治時代)から、
遠い祖国を夢見る…というお話。日本にいる乳母に 
宛てた手紙(手紙であると露見しないように、模様の
ようにしてある、ショーでは衣服に、刺繍で?)は、
今回のショーでタッグを組んだサウンドアーティスト
mamoruさんのリサーチ資料の中に実際にあった手紙 
から、インスピレーションを得たようです。    




こちらは、まだショーが始まる前の写真。床に
かがんで、床に長く広がる裾が孔雀のよう。 



円卓を囲んでいたモデルたちが、一人一人
立ち上がり、ぐるりとランウエイを歩いて
いく。数百年前の物語、霧がかった空間、
美しい衣装(そしてモデル)、と、目に 
見えるものが夢の中の情景のようでもあり


演者と観客の距離は近く、ふわあ、と長いドレスを着た人が前を通ると、 
風を感じるくらい。夢のような情景と、実際に人がそこにいると感じ取れる
距離感。え、これは(本当に)夢?いや、現実?昔?今?*と、軽く頭が 
混乱する。いい意味で。 *スマホでセルフィーを撮る演出あり。笑。  





美しくて泣きそうになる、っていうのがあるんだなあ。









追記:オフィシャルの映像









上の写真で手を広げている:真理さんの 

姿は、このショーの中では天女的に見え、




円卓の上に乗る方の佇まいは、

蓮台(れんだい)の上に乗る 
菩薩像のようでもありました。 






日本を夢見る少女。お手玉やケン玉、

「かごめかごめ」のなど日本の遊びも
ショーの中に見られました。   




ショーが終わって、ぱあっと電気がついて、
現実に引き戻された感じも面白かった。 
「はっ!…夢か」というような。     



オフショット?の野外で撮影された
モデルたちのポラロイドが入口脇の
ドアに貼ってありましたお茶目。 



ショーの後、しばらくは同じ会場で、インスタレーション
作品のように衣装の展示がされており、再訪しました。 


うっとり。


ショーの時は天女のようだなあ、と思っていたドレス

(左の写真は、ちょうどショーの後に立ち寄った時に
見た、日本橋の高島屋にある天女像の衣装です)  



こうやってみると、蝶のよう。靴は、この下に
配置されているのですが、浮遊感が舟越保武の
二十六聖人像(聖人たちは吊るされたように、
爪先が下を向いているもの)のような印象も。


影の演出も素敵でした。











0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...