2012/06/30

「辻恵子展 supported by 小さな街」@ ユトリコ(仙台)








初めて仙台で展覧会を開催します。切り絵の小作品を展示します。雑貨・
手紙用品店が会場ということもあり、便箋類も色々ご用意いたします。 




辻 恵子 展 supported by 小さな街
会期:2012/6/9(土)~ 6/30(土)*木・休
時間:12:00-18:30

会場:雑貨・手紙用品店 yutorico.
〒980-0822 宮城県仙台市青葉区立町6-16
電話:022-224-7721








新作の小作品(…極小作品?)も、展示します。



***


6/9(土)10(日)15時〜18時(講師:辻恵子の回は終了)

材料があるかぎり、随時お作り頂けます(講師:ユトリコ)


ワークショップ「切って貼ってつくる グリーティングカード」
参加費:500円(材料費込み)→ yutorico. の HP での詳細



ワークショップ
で使う材料セットは、少し
多めにつくり 
ました。材料があるかぎり、会期中お作り頂けるように 
店長に講師をお願いしました。お気軽にご参加ください。


案内状の絵で、ポストカードも制作しました。


◎ 案内状のデザインは「Book! Book! AIZU」や「切り抜き」の  
案内状も手がけた佐藤温志さんにお願いしました。感謝。 

◎ 同展覧会の関連記事はこちらに更新します:        
http://tsujikeiko.blogspot.jp/search/label/yutoricoten

◎ フェイスブックイベントページはこちら:         

https://www.facebook.com/events/134112046723289





  

4月に発売された PaniyoloのCDひとてま」のジャケットの原画も初公開。会場BGMにしています。







  

上の3冊の絵本は、サイン入りでお求め頂けます。


*




2015/3/18追記:その後、2014年にユトリコは閉店しました。
店主・高橋智美さんの著書「ザッカトルテ」、つまみ読み  
していたのですが、改めて通して一気読み。        




うしろの方のページに、私の名前も出てきます。














「辻恵子展 supported by 小さな街」レポート









初の仙台での作品展「辻恵子展 supported by 小さな街」が終了いたしました。
お出かけ下さった皆様、企画してくださった「小さな街」の小野朋浩さん、  
会場のユトリコさん、案内状等のデザインを手がけてくださった佐藤温志さん、
そしてご協力頂いた多くの方に感謝を。どうもありがとうございました。   






会期中は、見てのおたのしみに、と公開しなかった会場の様子をご紹介します。






入口を入ったところには、芳名帳やカード類、閲覧用の資料や、海外で出版された
絵本、私の仕事について掲載頂いた「イラストノート」など)を並べました。  








会場の店名が「雑貨・手紙用品店 ユトリコ」なので、
グリーティングカードや、便箋、絵葉書もいつもより
充実させました。                


 *






窓辺には、絵本やDMに登場した絵(展覧会の企画者の「小さな街」の
ロゴを切ったもの)や、今回の展示が初公開の、パニヨロのCD   
ひとてま」のジャケット作品の原画を展示しました。        




会場のBGMは、もちろん「ひとてま」。









広い壁面には中くらいのものから小さ〜いものまで作品をずらり。
「小さな街」のロゴ(家のマーク)を小さく出力して、人物像を  
切り出した "小さな小さな街"←(佐藤純子さん命名?)作品など。



いつも「どんなハサミで切っているの?」と尋ねられるので、飾る
ことが多いハサミ。今回も東京から連れてきました。棚に置かれた
あじさいのドライフラワーは、ユトリコにあったのを使わせて頂き
ました。ちょうど展示が始まった頃に梅雨入りしたので、季節感も
ちょうどよかったかな。                   
  





切手面で、にっこり笑う「小さな街」。




小さな街 x 辻恵子のグッズとして、DMに登場した絵の葉書も制作。
(写真左:デザイン 佐藤温志)。絵葉書などは引き続きユトリコ
お取り扱い頂けるようです。お近くの方は & 仙台にご旅行の際は、
是非お立ち寄りくださいね。                 


*雑貨店などで、写真左の絵葉書のお取り扱いに興味のある方は、
小さな街に直接お問い合わせください。          

.
.
.


4月・京都5月・東京6月・仙台と、イベント/展覧会つづき
でしたが、ちょっと小休止。次は、9月に個展を開催予定です。

辻さん、しょっちゅう展示してるね、って言われますが、次は 
実は 8ヶ月ぶりの東京での個展!なのです。         

9月の前に、掲載誌のお知らせも出来そう。詳しくは、また。 
どうぞお楽しみに。                    









小さな街 x 辻恵子のポストカード









小さな街」のロゴマークに辻恵子がハサミを入れて制作した切り絵のポストカードは、仙台の
yutorico. 、弘前の THE STABLES 、盛岡の carta 、喜多方のつきとおひさま東京の芝生
通販はこちら)、手紙舎お求め頂けます。*取り扱いご希望の方は小さな街にお問い合せを
デザインは、会津京都仙台での展示DMや「K for KIRIE」も手がけた佐藤温志さんです。








2012/06/28

バナナムーン「Tシャツ展」に出品





BANANA MOONでのTシャツ展に出品しています。美術館との共作で
切り絵のTシャツを制作しました(男性用です)。そのほかに、   
手描きの子供用Tシャツも出品しています。            






Tシャツ展                          
会期 : 2012年6月1日(金)〜7月24日(火) *水・休    
★ 辻 恵子は第二部:628日(木)〜724(火)に参加   
会場 : BANANA MOON                   
時間 : 9:30 〜 18:00                    
住所:〒 399 - 8301 長野県安曇野市穂高有明 3613 - 32     
電話: 0263 - 83 - 8838                   
入場料 :  500円(ドリンク付き) *小学生未満 入場無料    


出品作家:                        

 61日(金)〜 626日(火):第一部           


★ 6月28日(木)〜 7月24日(火):第二部           






長野・安曇野の バナナムーンは、昨年、個展
「きって」を開催した美術館です。ブログでの
関連記事はこちら。           
    

「週刊新潮」の表紙画の成瀬 政博さんの
美術館。1Fは成瀬さんの展示、2Fが
企画展(Tシャツ展)会場です。  



入館料には1杯の飲み物の料金が含まれています。
カフェの情報は食べログにも掲載されています。




  
ショップでは絵本等もお求め頂けます。






より大きな地図で ミュージアムカフェバナナムーン を表示

★ 新宿から松本までは高速バス(こちらこちら)も出ています。      
★ 穂高駅前にはレンタカー・レンタサイクル(こちらや、こちら)があります。
☆ 周辺情報は 安曇野スタイルなどで。安曇野ちひろ美術館も素敵です。    
☆ 安曇野の飲食店情報シャロムもおすすめ。                
☆ 穂高駅からバナナムーンに行く途中に、無料で利用できる足湯があります。 


夏休みの小旅行の計画に是非、
加えてみてくださいね。   









2012/06/27

鎌倉へ(2)ゲンバゲン、楽器








鎌倉・小旅行(出張?)の終盤は、  
ゲンバゲンへ。           







フーサさんが作る、ユニークな洋服や…
(写真、ブレブレですみません)    







私の絵本や絵葉書もお求め頂けます。店内
には画廊スペースもあり。(かなり前に、
合同展で出品したことがあります)。  





店主の作品(洋服)同様、店内も、水の
蛇口と排水用の受け皿や…      




温度計さえも(これ、裏じゃん…)、
ちこち「自由だなあ…」と感心する
ような、わらってしまうような、  
不思議な空間です。        









左の方がGENBAGENのオーナーのフーサさん。(右は写真家で音楽家の
大社優子さん)。茶飲み話をしていたらフーサさんいわく、自分の  
チェロを解体して、楽器をつくったって!「ええ〜!?」と、私達。 







おねだりして、見せてもらいました。「これなのよ」




調律中の大社さんチェロのようでいて、
下の方には…             



お菓子の缶!じ、自由だ…。     






私も弾かせてもらいました。チェロ(風の楽器)を 
弾くのは初めてだったけれど、弓を大きく動かして 
弦の上を滑らせる感覚、とても気持ちよかった。  






弓の手入れには、松脂を使うそうです。
ケースに描かれたチェロを弾く猫も、 
かわいいなあ。           







ちなみに、こんな音。バンジョーも弾く大社さんと、チェロの経験があるフーサさんと、音楽経験の乏しい私。同じ楽器を
演奏しても全然違う曲調(?)、3人3様の弾き方になって興味深かったです。帰り道、フーサさんの若さというか目の  
輝きはすごいよね、という話になる。「若者」に張り合う「若さ」じゃなく、素だからすごい。こういう大人になれたら 
いいなあと思える人が周りに居てくれるのは幸せなこと。と実感しつつ、帰京。電車の中から見えた夕焼けが、ピンク〜 
薄紫で、とても綺麗でした。 *動画の前半は音はありません、画像だけ。後半の音がある部分はフーサさんの演奏です 





LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...