2011/08/27

ゆかた








ずっと東京に住んでいながら、生まれて
初めて隅田川の花火大会を生で見る機会
に恵まれました。十代の頃、祖母が私の
ために手縫いで仕立ててくれた浴衣に、
初めて袖を通してお出かけ。やーっと、
着られた浴衣。おばあちゃんの予測より
身体がおおきくなって、やや「つんつる
てん」状態だったけど、着られたこと 
だけでも嬉しい 2011年の夏のおわり。  




友人達(萬田康文大沼ショージ)の写真
事務所(ときどき画廊)の「カワウソ」に
到着。浴衣率多し。奥でピースをしている
のは、写真家のキッチンミノルさんです。






プロに使ってもらうには申し訳ないような
私のコンパクトカメラで、キッチンミノル
さんにカワウソのヌシたちと写真を撮って
いただきました。やっぱりすごく面白い。
    *掲載許可いただいております




キッチンミノルさんのの装幀は、友人の
葉田いづみさんが手がけているんですよ。
世の中せまい。おとなりは、昨もみじ市
でもご一緒した靴作家のウズラさん。↓ 





*映像=ねるやま研究所      




 *





ショージくん(大沼ショージさん)にも
撮ってもらいました。同じ被写体、同じ
カメラでも、本当、写真家の個性が出る
なあ、と、しみじみ。        







ショージくんの新しい写真集も手にいれ
ました。透かして楽しめる、なんて素敵!
          →「コップとて










隣のばんごはん…ならぬ、隣の宴会料理。
カワウソの上の階の、アトリエサルビア 
にもおじゃまする。窓際の特等席、贅沢!







ショージ君とセキユリヲさん。どっちも 
男の子っぽい名前の女の子。なんと同じ 
誕生日。この二人が表紙の小冊子の題、 
1970 12 21」生まれなんですよ。   






それから、左から二番目の美女が店主の、 




サルビアのおとなりのザ・ファームにも
おじゃましてお料理や見晴らしを拝見 
する。ボートのような形のお皿も素敵。




ザ・ファームに置いてあったお菓子。  
あー、これ!!うちの父がパッケージ 
デザインに関わったお菓子だよ。今は 
変更後の初代と微妙に変わっているかも
しれないけれど、文字は叔父、鳥は父の
手によるものです。ちなみに父は切り絵
作家でなく広告代理店勤務でした。ラフ
作りには私も参加したっけ。懐かしい。










さて、2階のカワウソにもどって、







わくわくしながら夜がふけるのを待つ。







無色の花火がポォン!とあがって、さあ、
はじまり、はじまり。   (つづく) 










キッチン ミノル
mille books
発売日:2010-07

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...