2013/11/17

「あるでんて」CDリリース記念公演のチラシに切り絵






5月に発売になった、であるとあるで・谷川俊太郎・谷川賢作のCD
「あるでんて」のアートワークを辻恵子が担当いたしました。その 
発売記念公演が、ようやく!11月17日に開催されます。会場は東京
渋谷の公園通りクラシックス。13時開場と16時開場の二回公演。 

     → ご予約方法などは谷川賢作さんのホームページにて!




その公演のチラシにも、私の絵が掲載されました。デザインは山田真介さん。
CD「あるでんて」のデザインも担当なさっている方です。        
↓                        




*

当日の写真





「あるでんて」CDリリース記念ライブの会場は、教会の地下。
辻なので、十字架には軽い親近感を持つのです、神よ。と
見上げる十字架。ヘブライ語も書いてあるね。珍しい? 



公園通りクラシックスは、こちら

↙  

携帯で写真を撮っていたら、開場時間の16時きっかりに
パッと明かりが灯りました。






パーキングの中を通って、ぐるっと回りこんで入るような位置関係。
前に渋谷ジァン・ジァンだったとこかな?学生時代に美輪明宏を観て
涙したとこ。。と思っていたら、公演中のMCでジァンジァンは隣の 
スペース(現在は喫茶店になっている)だと知る。谷川俊太郎さんも
思い出の場所だとか。武満徹と〜とか、すごい名前がでてきてた。 





入り口にも、チラシが掲示されておりました。入場の順番を待っていたら、
美篶堂(かつて個展をした所で、谷川さんのの製本も担当)の上島さんと
ばったり。初めてお会いする方に、この絵の方です、とご紹介くださる。 
自己紹介が楽な場所での「はじめまして」だった。           





俊太郎さんにサインをしてもらう画家の野村島弘美さん。NYで暮らしていた
彼女、教科書で読んだ「朝のリレー」に出てくる外国の地名に触発されて、
海外への興味が湧いたのだ、渡米のきっかけになったといってもいい、と 
公演前に(歩きながら)話していたら、開演して初めての朗読が、    
「朝のリレー」で、感動するやら驚くやら。                










CD「あるでんて」の中で一番すきな「昔はどこへ」も聴けました。初演は、この動画のとき
なのだそうです。(谷川賢作さん情報)。                      

それにしても最前列で、贅沢な時間でございました。朗読も、管楽器も間近で。ピアノは、
やや遠。谷川俊太郎さんのテーブルから細い油性ペンがおちて、忍者のよに、すかさず  
拾ってもとに戻せる近さでした。                          

であるとあるで(管楽器の四重奏団)の皆様とはこの日初めてお会いでき、終演後お喋り 
できました。音色と人格というか人となりってリンクするのかな?と思うような、いい  
雰囲気の人たち。柔らかい音、息づかいが印象に残る。                





であるとあるで(管楽器の四重奏団)の皆さんのサインも全員のをもらえて
うらやましい。持ってくればよかった!(私のも右のページにこそっと)。




記念撮影。左から、野村島弘美さん、谷川俊太郎さん、私、谷川賢作さん。
谷川さん親子と、お会いするのは二回目。たぶん初めて握手をしました。 
ぎゅっ、っと。暖かい手でした。                   












0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...