2019/09/25

「緋色のマドンナ」装幀画と題字を制作






2019年9月25日発売の那須田淳・著の書籍「緋色のマドンナ :陶芸家・
神山清子物語」(ポプラ社)の装幀画と題字を辻恵子が制作しました。
次のNHK連続テレビ小説「スカーレット」の主人公のモデルとなった 
陶芸家・神山清子さんについての本です。                                                




装丁デザインはnext door designの岡本香織さん。
とても素敵な一冊になったので、あちこち、   
多分他のページではこんなに撮らんだろうという 
くらい(笑)あちこちから撮った写真をご紹介。 




背表紙と表紙



カバーを外した時の背表紙


カバーの下の表紙


扉ページ




…を、めくったところの縦組・一列の題名。ちなみに、
原画というか原「文字」?は、表紙と同じく縦に2列。







巻末には、岡本さんが配置してくださった横組みの題字も発見。
*下の写真はオビの内側(折って、表からは隠れている部分)です。






「緋色のマドンナ」(緋色は黄色味がかった赤のこと、
スカーレット)だからか、しおりの紐も赤です。  






裏表紙(初めて絵本の仕事をした時に覚えましたが
出版関係の業界用語で表4:ひょうよん、って言い
ます)…は、真っ白にしてもらいました。潔く見え
ます。してもらった、というのは、表紙の絵は、 
際に制作した絵の一部で、抽象画のように絵の具を
塗った紙片から、もともとある色を活かし、ハサミ
を使って人物像を切り出したもの。人物像が抜け 
出たというか、切り抜かれた後の紙片を表4に、と
いう案もあったのですが、絵の成り立ちを説明を 
する(これは切り絵でして、この色の連なりから 
人物像が切り出されているんだよ、という)ような
ことは何か、この本にとってはいらないかもと。 



私の作品や、この本に興味を持って、このブログの記事を
読んでくださっている方には説明してもいいかな、と原画
の一部をお見せすると、こんな風になっています。   
まさか6年後に本の表紙になるなんてねー、びっくりね。


表紙の絵は旧作品なのですが、題字は(もちろん)作りおろしです。
先日・2019年8月のニエンテでの辻恵子作品展に出展した抽象画の
中に、糸へんが隠れていたのは、その制作時試作したもの。  


題字を試作中に、ゲシュタルト崩壊して、つけペンで書いた
「緋」の文字が人の横顔に見えてきたりとか・・・。    




習字というか、筆と墨でも題字を試作した後に、失敗作というか、
これはないかなという紙をビリビリっと破いていた時は、ドラマ
「SPEC」のヒロイン(習字をして、それをビリビリに破いて、
宙に投げ〜犯人がわかった!と閃くシーンがある)を思い出して
いたのですが、それを演じていたのは「スカーレット」の主人公
戸田恵梨香さんだったりします。私がオープニングの絵を制作
した「とと姉ちゃん」が2016年、恩人の奥山玲子さんが主人公の
モデルとなった「なつぞら」を今(2019年)やっていて、次の
ヒロインのモデルについての書籍の表紙に関わるとはー、と、
ちょっと不思議な気持ちもしています。*「スカーレット」は
9/30から放送開始、この本は9/25発売。          




役得で早めに見本をいただいていたので発売日前の9/23、
一気読み。著者の那須田さん、実はすごく前(2008年?
に画廊で名刺交換をしたことがあるあの人かも、と略歴に
あるベルリン在住の文字で思い出しました。専門学校の 
文学科をでているくせに、ものすごい読書家という訳でも
ない私ですが、恩師の一人の金原瑞人先生や、茶飲友達 
だった天野健太郎さん(故人)などは、お蕎麦を食べる時
の「ツルツル」感のように、するする文章が入ってくる 
感覚がしていたのだけど、はっ、那須田さんも(自分史上
3人目の蕎麦系?)などと思う感じで読み進められました。
ドラマを楽しみにしている方のためにネタバレは控えたい 
けれど(なので真っさらな状態で番組を観たいになる方は
読み飛ばしてください→)もしかして初の離婚するヒロイン
かも???そして楚々としたお嬢様ばなしでなく、関西が
舞台だからか「じゃりン子チエ」的な激しさかも?と想像
しています。作品を作るという点では私も主人公も同じなの
で、わかるわかる、となる部分も。特に「土の声」という
言葉には、私、紙の声ってエッセイかいたことあるなー。
ついこの間テレビで観られた映画「あん」でもそういう、
言葉なきものの「声」を聴く、感じ取ることについての
描写が出てきたなぁ、創作する人に共通する普遍的な感覚
なんだろうな、と思いました。             


ちなみに私の初めての文筆の仕事「紙の声」は、なんと文芸誌の
「すばる」にお声がけいただいて書いたもの。古本屋で探して  
みてください。2005年9月号です。            




話があっちゃこっちゃ飛びましたが、素敵な一冊になりました。
ぜひお読みくださいね。版元・ポプラ社のでの書籍詳細はこちら:


電子書籍はこちら



2020年3月末に刊行された現行社のイラストレーター年鑑

0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...