2016/05/31

奈良での個展「貼リ切ル」の搬入日、旅先で観る「とと姉ちゃん」






旅先で見る「とと姉ちゃん」のオープニング映像。
今回の奈良での個展でも、この映像の原画も数点、
御覧頂けます。翌日撮った写真ですが、これとか。


この絵は奈良で初お披露目ですよ。東京では 
「とと姉ちゃん」の前の番組のシメは「今日も 
一日、お元気で!」みたいな言葉が決まり文句
なのですが「次は『とと姉ちゃん』です」と 
いうのが、関西局の定番のようで新鮮でした。
さて、宿を出てテクテク、個展会場へ。   








スタッフの方々にご協力いただいて、スムーズに
作業が進みました。会場の入り口には、ツバメの
巣があって、作業中にこんな写真が撮れました。



ツバメは、朝ドラ「とと姉ちゃん」のオープニング
映像や、その主題歌の「花束を君に」にも登場する
鳥。東京ではあまり身近ではないので、こうやって
生で見られて嬉しかった。そして飛ぶ姿の美しさ!



今回、ツバメの絵は展示していないのですが
この、赤い服の女性の原画は御覧頂けます。




小屋の入り口に貼り紙をして、じっくり
進め、無事に搬入作業が終わりました。
写真はまた後日追加しますね。    





京都に店舗がある雑貨店・アンジェの季刊
フリーペーパー「&」も、お送り頂いて 
入口に設置。*表紙の絵を制作しています
そのほかに同じく私が表紙の絵を制作した
スタイルアサヒ」も、お持ち帰り頂ける 
ようにしてありあます。        







6月1日〜6月12日 @ NAOT NARA
是非お出かけ下さい!


★ 会場HPでのイベント情報: naot.jp/blog/2016/7046
★このブログでの関連記事: tsujikeiko.blogspot.jp..naraten




2016/05/30

奈良・到着/春日大社でブルーナを想う






奈良での個展のため、搬入日の前日に奈良入り。
到着してから宿のチェックインまで時間があった
ので、スーツケースをフロントに預け、春日大社
へ。初めて来たかもしれない。20年に一度、執り
行われるという社殿の修築大事業「式年造替」の
関係で特別参拝なども行われていました。新しく
塗り直されたばかりのせいか、鮮やかな朱・緑・
白。んー、何か既視感があるなあ、と思ったら、


うさこちゃんのおうち(1才からのうさこちゃんの絵本セット2)

ディック・ブルーナの色合いだ!…と、
気づいておもしろかったです。    



奉納した人の名前や願いごとが彫り込まれた
灯籠も、印象的でした。文字というのは何と
いうか、たとえば写経だとか、御札とかも 
そうかもしれない、祈りや意思表明や、"念"
みたいなものがある気がした。      




この回廊が静かでとてもよくて、しばらく
ぼーっと過ごしていました。前回、奈良に
来たときに手に入れた、鹿のツノで出来た
イヤリングをして自撮りしたりして。  




帰り道、参道の石灯籠の影から、鹿が顔を
出していて、何とも可愛らしかったです。





個展のために葉書を提供してくださった小さな街さんに
お礼の奈良漬けをゲットして、新しく出した私家版の本
「貼り絵の作りかた」と一緒に送る準備を宿で進める。 
たまたま、奈良漬けの袋も、表紙も、手でした。   
さて、翌日は搬入日。               



6月1日〜6月12日 @ NAOT NARA
是非お出かけ下さい!


★ 会場HPでのイベント情報: naot.jp/blog/2016/7046
★このブログでの関連記事: tsujikeiko.blogspot.jp..naraten



2016/05/29

奈良展直前、切り絵を作りまくる日









個展準備と奈良への旅支度を一段落させて、今日
やりたかったことに、ようやく取り掛かる。  



楽しくなってきちゃって、チョキチョキ。
失敗カップはハットになった。     




今日はこのくらいにしておこう。明日は奈良に出発。
東京を不在にしている間に、デザイナーさんがデータ
づくりを進めて頂けるようにしてからの、出発。  





6月1日〜6月12日 @ NAOT NARA
是非お出かけ下さい!


★ 会場HPでのイベント情報: naot.jp/blog/2016/7046
★このブログでの関連記事: tsujikeiko.blogspot.jp..naraten




2016/05/28

奈良展直前、素描を描きまくる日/叔父からの葉書





影も形もないものに形を与えるのはアレよね、
物書きも同じ仕事よね、…とか言ってないで、
描け、描くんだ、ジョー。         




描いて描いて描きまくったら、奈良にいく前に
とういてい終わらないだろう、という量の絵を
仕上げることができました。表紙だけ宿題に 
させてもらって、無事おくりだす。右上、こう
いう騒がしいのはダメよ、という場面の挿絵、
NGだけど愛らしく描くことができて(って自画
自賛ですが)、うれしかったのと、左上の絵:
なごやかに食事を楽しむ人々を描いていたら、
自然と口元が笑っていたので、しんどい絵を 
描いてたら、きっとイカメシイ顔になって  
しまうんだろうな、楽しい絵を描こ、と思い 
ました。ちなみに、このお仕事は、次回個展の
ときに刊行する私家版「貼り絵の作りかた」の
デザインも(その前の「A Heaven in A Wild  
Flowerや「Cut!」のデザインもお願いした)
渡邉朋子さんとのお仕事です。詳細を発表して
よくなりましたら、また改めてご紹介します。






関西での展覧会なので案内状を出した、タカシ叔父さんから
叔父さん自身の案内状が届きました。そこに書きそえられた
短文にぐっとくる。ぱっとみ"奈良展、神が降りて「きます」"
かな、と思ったら「ます」だった。叔父も私も別に変な宗教
とか、やってませんが、彼は割と、ことだまの人で、普通の
人なら「またお会いしましょう」と、「またお会いします」
と、言ったりする。降りてますか。そうか。がんばろう。 
そして、「進め」と続く。奈良での個展まで、あとすこし。




6月1日〜6月12日 @ NAOT NARA
是非お出かけ下さい!


★ 会場HPでのイベント情報: naot.jp/blog/2016/7046
★このブログでの関連記事: tsujikeiko.blogspot.jp..naraten





2016/05/27

微笑む魚、雨粒、青空洋品店の「浴衣のキオク」展





 

午前中は線画の制作を進める。魚料理、喰われようとも微笑む魚。
魚はキリストの象徴なんだよね、たしか。違ったっけか。あとで 
調べなおそう。→ これだ。  <●);;;;><         






その制作に使う資料を出力するために、午前中も
ちょこっと外出。雨粒がきれいでした。赤や、 




黄色の花、に透明の水滴がキラキラ。




クリップで綴る製本にしたため、頁とどき、裏表紙がとどき、
表紙がとどき、今日は最後の1頁(序文)が届き夜までに製本 
作業(クリップでとめる)、パッキング、発送準備ができた。 
個展直前にひらめいたので、もしかして…なんて思わないでも 
なかったいたけれど、なんとか間に合いました。(デザイナー・
渡邉さんのおかげ!)。出来上がりを、どうぞお楽しみに。  





あれこれ、慌ただしい午前を過ごしたあと、
昼どきに、ちょこっとお出かけしました。 
遠方に住まう、友人で服飾作家のあづちゃん
の展示会へ。快活ですてきな方。以前、私が
山口県で個展をしたときにお会いして以来。





ティッシュケースの破格さに驚いていると、小学生だったか、
店主の娘さんが手縫いで作っているのだとか。自分で縫う、 
ものを作る練習にもなるし、ものを買って頂くよろこびも  
知ることができるし、同時に、お金を頂くということは大変 
な事なんだよ、という両方をね、勉強させるためにと(もっと
軽快な調子で)言っていて、さすが!と思ったのでした。  
いい母さんだ。知り合って長いのに、あづちゃんの服を   
買うのは初めてかもしれない。見えない部分の額縁仕立てが 
綺麗ね、とは洋裁上手の母の褒め言葉。奈良に着てこうっと。




青空洋品店の展示会の会場・カワウソ(は、「とと姉ちゃん」
オープニングの写真も撮った大沼ショージさんたちの事務所・
兼・イベントスペースなのですが)、その真上には、次回個展
会場NAOT NARAの東京店NAOT TOKYOがあります。この案内状を
東京でもらえるのは、ここだけかもしれない。是非!旅がてら
いらしてくださいね。                  





6月1日〜6月12日 @ NAOT NARA

是非お出かけ下さい!



★ 会場HPでのイベント情報: naot.jp/blog/2016/7046
★このブログでの関連記事: tsujikeiko.blogspot.jp..naraten







新しい服を手に入れ、ウキウキしつつ、ああ、帰ったら
アレ(製本)して、コレ(パッキング)して…と考え 
ながらの帰り道、またポツポツと雨が降ってきました。
降り始めのアスファルトは、いつまでも眺めていたく 
なります。乾いた地面が、全部水玉で隠れて潤うまで。








LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...