2014/10/15

「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:三度目の山下清・離陸・・・✈











「PAPIER - 紙」展・欧州旅日記:つづき)長かった旅の最後の夜、アムステルダムで
バレエを観て、滞在先のマールチェさんのお宅に戻ったのは深夜ちかく。明日は
昼ぐらいに空港に向かう予定、なんとマールチェさんたちも同日外国にいく・ 
そして私よりも先に家を出るとのことで、ありがとう、と挨拶をしてから宿泊を
させて頂いていた上の階の部屋へ。滞在中、英語が通じるもので、ついに一度も
使わなかったオランダ語での「ありがとう」を、手近にあったフリーペーパーを
やぶいて作る。マールチェさんたちが外国から戻ってきたら見つけるはず。  
ちなみに、事前に知っていたオランダ語「モーイ」(きれい)のほか、新しく 
覚えた「レッカー」(美味しい)と「ルーク」(すてき)は何度か使いました!





Uの文字の上にあるのは、トマトスープのパッケージを切った、置き土産の 
切り絵作品です。(ドラマ「裸の大将放浪記」の中の)山下清のように…。 
*絵をおいて帰る。→ この絵は、後日、アムステルダムで展示されました




   

ちなみに、この旅ではノリコさんちパトリックさんちでも置き土産を即興製作
しました。生きる、と書かれたチラシと、チョコレートのパッケージを素材に。






翌朝。旅のはじめに泊めてくださっていたノリコさんが見送りに/空港までついて
来てくれる。左はノリコさん撮影。右はユトレヒトに出かける前に自撮りしたの。
マールチェさんのアトリエ、とても素敵でした。プチ恩返しでシンクのステンレス
部分をキュキュキュ、と深夜に磨いておりました。笑。会うのは初めての外国人を
泊めてくださって、戸締まり任せて外国へ、ってすごいよねえ(緊張する!)と 
暖房オフを確認、スーツケースをドアの外に置いて、鍵をかけ、外へ。     








トラムに乗るべく待っていると、上空に飛行機が見えました。
もうすぐ私も乗るんだわ、と眺める青空。         






ちがうトラムに乗っちゃったらしく、Amsterdam Zuid(アムステルダム南)駅から
行くことに。エレベーターを降りる時、黄色い上着に白いスカートを身につけた  
ブロンドの少女に目を引かれる。「ひまわりみたいだね」とノリコさん。     




駅にはGEISHA、日本ではこんなに大きくフィーチャーされてるのを見たことが
ないスズメの絵も。ゲイシャのほうは、Rijks(アムステルダム国立美術館)の
分館?LeidenにあるVolkenkunde:民俗学博物館での展覧会のポスターでした。







スキポール空港に着くと、ムギュッとチューリップの花束に迎えられました。
この旅で、風車とチューリップとディック・ブルーナゴッホ以外にも少し 
オランダのことを、知ることができました。               




そういえば朝から何も食べてなかった。朝+昼ごはんは、空港で
マッシュルームのポタージュスープと、サラダと赤いジュース。




旅のはじめに自分で選んで食べさせてもらった
この実のジュースでした。とても酸っぱいのと
中に種が入っているので、ちびちび食べてたの
ですが、慣れたのか、美味しく飲み干す。  











搭乗口に向かう途中、このパブリックアートに再会。パチリ。



 


日系人アーティスト、タジリ・シンキチ作。
滞在中に、彼の娘お会いすることが   
出来ました。              






ノリコさんに見送ってもらって、チーズなど買って、飛行機に乗り込む。





ありがとう、皆様!





 離陸!飛行機から景色を眺めるの好きなので、帰りも窓辺の席です。

旅日記、つづきます)






この展覧会のための欧州への旅でした:            


PAPIER - 紙」                             
作家: Maartje JaquetJudith Koning, Charlotte Moufti, 辻恵子
会期: 2014年10月11日(土)〜 11月9日(日)        
会場: Le Poulailler                       
住所: 11 Rue du Saint-Get, 59830 Wannehain, France    





0 件のコメント:

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...